So-net無料ブログ作成
検索選択

Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm F3.5-5.6G VR の特許 [光学技術・レンズ設計]

ニコンが、手振れ補正付きの高倍率ズーム28-300mmに関する特許を出願しています。 フルサイズ用の高倍率ズームも手振れ補正が当たり前の時代に突入するようです。

追記:後日、AF-S NIKKOR 28-300mm F3.5-5.6G VRが製品発表されました。特許出願通りですね。

Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm F3.5-5.6G VR
  • 特許公開番号2009-19945
    • 公開日2010/01/28
    • 出願日2008/07/09
  • 実施例1
    • 焦点距離f=28.80-292.0mm
    • 明るさF=3.61-5.87
    • 画角 76.3-8.2°
    • バックフォーカス 38.84-96.07mm
  • 従来の技術
    • 手振れ補正付きの高倍率ズームは性能が悪い
  • パテント文献の技術
    • レンズの屈折力と配置を最適化する
    • 第2レンズ群内に非球面を使う
    • 第3レンズ群の後群に手振れ補正ユニットを組み込む
      • 小型である為、ユニットを組み込んでもレンズ全体の大型化を避けられる
      • 屈折力を最適化すれば、手振れ補正作動時の性能劣化が少ない
      • 補正ユニット内にも非球面を使う
  • 低分散レンズ(EDレンズ)使用に関する記述無し
  • 反射率を抑えたコーティング(ナノクリスタルコート)に関する記述無し

どうやら正常進化のようですね。 では肝心の性能はどうなのか。 設計値だけなら単焦点レンズに勝るとも劣らない性能のようです。 しかしこの設計のまま商品化されるとも限りませんし、実際には製造誤差や組立精度もありますから参考程度にしかならないでしょう。

  • フィルター径は72mmか、余裕を持たせて77mmか
  • マウント面からレンズ先端まで10cm程
  • 球面収差
    • 周辺で僅かに発生
    • 望遠側では中心から発生
  • 非点収差
    • 周辺で僅かに発生
    • 広角側では四隅で顕著
  • 歪曲収差
    • 四隅で+2%、広角側は-5%
  • 倍率色収差
    • f=100mm時、画面全域に渡りほぼゼロ

現在、沢山の手振れ補正付き高倍率ズームがラインナップされています。 しかし、その全てがAPS-Cフォーマット用です。 フルサイズ用の手振れ補正付き高倍率ズームは、先日発売されたタムロンAF28-300mm F/3.5-6.3XR Di VCだけで、他にありません。 フルサイズで先行したキヤノンも、レンズの商品化が早いシグマも、IS或いはOS付きの28-300をまだ発売していません(Canon EF28-300 F3.5-5.6L IS USMはまた別)。 まだ時期早々と見ているのでしょう。 フルサイズを使うユーザーはレンズに拘るユーザーです。 彼らにしてみれば高倍率ズームは愚の骨頂以外の何でもありません。 では何故、Nikonは商品化を図ろうというのでしょうか。

おそらくニコンはフルサイズの大衆化を見込んでいる筈です。 フルサイズ(FXフォーマット)機の値段が下がれば、ユーザー層も広がります。 ユーザー層が広がれば、画質も利便性も両方欲しいというニーズが多数を占めるようになります。 18-200VRはD200とのセット販売により、ヒットしたようです。 それを今度はフルサイズ機と28-300VRのセット販売でやろうというのでしょう。

ニコン以外のユーザー様は、自分には関係の無い話だと、お思いでしょうか。 いいえ、それは違います。 Nikonによる商品化は市場に活力を与えます。 CanonやSigmaもおそらく対抗商品を出すでしょう。 Sigmaの手振れ補正レンズは、SonyやPentaxでも使用可能なので、ファインダー上でも振れません。 Tamronも、追い付かれてはならないと、新たなラインナップを用意する筈です。 Panasonic、Olympusは既に用意されていますね。 負けてはならぬと、商品化を急いだのでしょう。 各社競えば良い商品が生まれます。 2010年の新商品も楽しみですね。


nice!(37)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 37

コメント 18

tm-photo

おはようございます
フルサイズがスタンダードになる日も近いのですね?
VR18-200は持ってますが歪曲が酷かったので期待できそうですね。
でもF100で使うには暗いなぁ…
by tm-photo (2010-02-16 07:22) 

maki

数を売りたいレンズにしては、大きくなりそうな感じですね。
by maki (2010-02-16 09:07) 

シンシン。

タムロンも同じようなレンズを出していましたね。
フィルター径は72mmか、77mmか・・レンズが大きいそうです・・・。
by シンシン。 (2010-02-16 09:58) 

こうちゃん

なんで各メーカー、
同じ焦点距離で出してくるんですかね?
by こうちゃん (2010-02-16 13:40) 

グッドバランス

28~300といえば、ほとんどレンズ交換の必要無しですね。
単焦点レンズとの共存方法を考えないといけませんね。
またまた、自分(自社)の首を絞めることにならなければ良いのですが・・・

フルサイズの大衆化を切望します。
やっぱり、フィルム時代に慣れたファインダー視野からすれば、APSサイズはちゃちく思えます。
by グッドバランス (2010-02-16 15:28) 

mitu

高倍率ズームは美味しい所がどちらかですよね。
でもこれ一本で、大抵のものは撮れますね。
by mitu (2010-02-16 19:31) 

hir

広角側で、四隅に非点収差
粒子が流れるような感じになってしまうんですね、、、
これはVR機能があるからなることなんですか?
それとも、28〜300っていうズームの設計上の問題で、どのメーカーでも、大なり小なりある事なんでしょうか?

by hir (2010-02-16 19:35) 

sira

これがあれば、レンズ交換なしでずっとOKなはずですよね^^
ますます、写真そのものの構成力が問われる時代になっていく予感がします。ただ、望遠をヒキで撮るべき場所で、安易に広角を使ったり、ズームレンズは諸刃の剣でもありますね。
私は、なぜかズームレンズを上手く使えず、本数ばかり増えます^^

by sira (2010-02-16 20:16) 

たか

フルサイズ・APS-C・フォーサーズ
それぞれにメリット・デメリットが有りますから、そのうちにレンズに合わせてボディを取り替える(RICOH方式)の人も増えるかも知れませんね。
by たか (2010-02-16 20:19) 

えがみ

> tm-photo さん
既存のマウントの規格からすると、フルサイズがベストであろうと思います。
しかし製品でも同じ設計であるかは分かりません…。

> makiさん
うっ、確かに仰る通りです。
18-200VRも結構大柄だったので、大丈夫かな、と思っていたのですが。

> シンシン。さん
Tamronの方は若干小柄なので、むしろ、OEMを(ry

> こうちゃん さん
う〜ん、何ででしょう。
そういえばCanonはキットレンズで、各社が200mmまでなのに対し、250mmまであるんですよね。
これは結構うまい商売です。

> グッドバランス さん
フルサイズの時代はもうそこまでやってきている筈です、きっと。

> mitu さん
でも流石に野鳥は撮れません(^^;

> hir さん
VRでコマ収差はあるかもしれませんが、非点収差は関係ないような気もします。
単焦点であっても、そこそこ発生するので仕方がないかなと思います。
勿論、実際の製品化ではどうなるか分かりません。

> sira さん
あまり便利なものに頼るのもどうかと思うのですよね。
単焦点だと本質と向き合える気がします。

> たか さん
幾人かのブロガーに、売れないと酷評されたGXRですが、こういった特徴を考えると、次第に注目されるようになるかもしれませんね。
by えがみ (2010-02-16 21:59) 

ナビパ

便利なんですけどね。
賛否両論ですね。
by ナビパ (2010-02-16 22:05) 

ちょっとピンぼけ

APS-CでタムロンのB003使ってましたが
最初は感動しましたが、やっぱりって事になってます
Nikonがそこ(ある意味感覚的な所)を打破できる事を期待して見守ってます^^
by ちょっとピンぼけ (2010-02-16 23:03) 

mphoto

いつも思うのですが。。。光学手振れ補正は光学的に画質に影響ないのでしょうかね。。。

ソニーあたりが10万円台のフルサイズ出してくれるのでは?と期待しています。。。
by mphoto (2010-02-17 01:05) 

mwainfo

いつもお寄りいただき、ナイスコメント感謝します。
by mwainfo (2010-02-17 16:36) 

Re:Zo

工場ライン一本化出来るので、商品の品質、人件費の節約、一本当たりのコスト。この辺だろうね。

レンズの一枚辺りの厚さ誤差は、三点測定で1ミクロン~3ミクロンまでかな。三点図って、合計3ミクロン以上だと廃棄ですね。もしくは、最研磨後、キットレンズ用と思われる。キットレンズに回されるレンズは、その他にもあるだろうけどな。例えば一次チェック品から外されたレンズを再び、チェックしなおした物とかかな?

大方どこも一緒だろうと思うので、大半当たっているだろうと推測します。
by Re:Zo (2010-02-17 21:07) 

えがみ

> ナビパ さん
世の中、色々な考えをお持ちの方がおりますので、意見も沢山あると思います。

> ちょっとピンぼけ さん
そういえばNIkonは銀塩時代に28-200があったきりでした。
如何に天下の日本光学と言えど、一度も製品化していないスペックですから、難しいところです。

> mphoto さん
α900が辛うじて20万円を切った感がありませんかね。
光学式手振れ補正は、画質に影響があります。
補正ユニットがもっとも大きく動いた時は、レンズの周辺を使うことになるので収差が多く発生します。
これを如何に補正するかが各社のノウハウなわけです。

> mwainfo さん
今後とも宜しくお願い致します。

> Re:Zo さん
企画と設計だけでは製品は出来ませんね。
工場の都合も考えないと駄目ですね。


by えがみ (2010-02-18 01:45) 

lucky13

やはり、フルサイズがいいですね。
たまにNIKON F100のファインダーのぞくと
これだよなぁと思います。
by lucky13 (2010-02-18 04:00) 

えがみ

> lucky13 さん
F100は売れたそうですね。
Nikonも、フルサイズを安く出さないなら、フルサイズと同じに見えるファインダーを搭載したAPS-C機を出してもらいたいものです。

by えがみ (2010-02-19 00:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

関連リンク