So-net無料ブログ作成
検索選択

Nikon バウンス機構を内蔵したスピードライトに関する特許 [機械設計・メカニズム機構]

ニコンが、ストロボ閃光を一度反射させてから被写体に照射するバウンス機能を、フラッシュ本体に内蔵した特許を出願中です。 「バウンスが可能(天井にストロボ照射面を向けることが出来る)」ではなく、「ストロボ内だけでバウンスを完結させる」です。 この技術が製品化されれば、屋外ポートレートのみならずスタジオ撮影でも撮影の幅が広がりそうです。

English page is here.

写真はレンズで決まらない。 何故なら、撮影者自身が光をコントロールすることがライティング技法だからです。 ストロボは、目に見える環境光を無視し、自由な光の世界を一瞬だけ作り出す装置です。 次の写真はカメラの設定を同じにして撮影したものですが、印象が違いますね。 スピードライトの使用方法を変えたのです。

ストロボ光を直射

ストロボ光を直射

ストロボ光をバウンス

ストロボ光をバウンス

1枚目の写真はストロボ光を直射させました。 イチゴのシュークリームの筈ですが、高いコントラストは全体的に力強い印象を与え、なんだかフランスパンみたいですね。 2枚目の写真は、ストロボ光を反射させた、いわゆるバウンス光によるものです。 柔らかな印象がシューのふんわり感をかもし出しませんか。 勿論、柔らかい光はメリットばかりでなく、強い光を受けた1枚目のイチゴはテカリが生じており、逆にそれが瑞々しさを感じさせますね。

バウンス光は天井の利用が一番手軽です。 天井の使用が無理ならアンブレラになりますが、大掛かりな機材は持ち運びに不便です。 そこで、グリップストロボやクリップオンストロボに取り付けるディフューザーを検討することになるわけですが、決め手となる商品がありません。 拡散板を使えば確かに光は柔らかくなりますが、バウンスには遠く及ばないからです。 そこで登場するのがNikonの特許です。

均一な光を得る仕組み

均一な光を得る仕組み

  • 特許公開番号2011-13589
    • 公開日 2011/01/20
    • 出願日 2009/07/06
  • 光源の光を反射面に反射させてから、被写体に照射する
  • 曲面鏡、コレクタレンズ、フライアイレンズ、光散乱部材を有する
  • ムラの無い均一な照明が可能
  • 小型で安価
直射ストロボとバウンスストロボ
従来の直射タイプのストロボ ストロボ内でバウンスを行う
直射 バウンス

パテントの内容はスピードライト本体に反射板を仕込むことで、アクセサリー無しに柔らかい光を得ることが出来るもののようです。 従来はアンブレラ等の大掛かりな装置を使うことでしか、やわらかい光を得ることが出来ません でした。 結婚式会場や屋外ポートレート等、機材の取り回しが要求される撮影条件で大活躍しそうですね。

日本語ページはこちら(Japanese page is here.)

Nikon applied for a patent about a speed light which has a bounce system built-in. It was necessary to use an umbrella expressly conventionally. However, the technology of Nikon enables a bounce without needing an umbrella.

The principle of the patent

The principle of the patent

  • Patent Publication No. 2011-13589
    • published 2011/01/20
    • filled 2009/07/06
  • The light of the source of light iiradiates a subject after reflecting in a reflector
  • It has a curved surface mirror, a collector lens, a integrator lens and a light scattering part
  • Uniform illumination without the irregularity
  • small and low cost

The principle is simple. A curved surface mirror had built-in by a speed light plays a role as an umbrella. I show two pieces of photographs.

the direct or bounce ray of the flash bulb
direct ray bounce ray
direct ray bounce ray
direct ray bounce ray

Do you understand a difference? The first photograph was captured by the direct ray of the flash bulb. The second photograph was captured by the bounce ray of the flash bulb. The second photograph does not have a strong shadow, and it is natural description.

This technology will be useful in a wedding photography and an outdoor portrait very much.


nice!(38)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 38

コメント 13

でいぶさん

これは近接撮影でも役に立ちそうな機能ですね。

by でいぶさん (2011-02-06 18:27) 

s_take

最近、工事現場でバルーン式のライトを見かける事がありますが
自然な感じで良い光源だなと感じます。
最近はOLED等の新しい照明も出てきているので面白いですね。
by s_take (2011-02-06 19:47) 

maki

お、コレいいかもー
by maki (2011-02-06 21:33) 

shige

いいですね、これ。
デジタルになってストロボが売れなくなったと、店長がよくつぶやいていますが、これは売れそうです^^
by shige (2011-02-06 22:02) 

コリンママ

本当ですね、バウンス光のほうがずっと美味しそう・・・♪♪
今日はイチゴのシュークリームを探してきます☆
by コリンママ (2011-02-07 07:31) 

begenn

これって、カメラ内蔵のストロボですか?
だったら良いですね~
by begenn (2011-02-07 15:22) 

penny

凄い、よく考えますねえ。
by penny (2011-02-07 16:08) 

レイリー

これは期待ですね!!
Canonさんもやってくれるといいな~ (^^
直射はあまり良い感じで撮れた事が無くて・・・
色々と写真の幅が広がる予感がしますね。
by レイリー (2011-02-07 18:04) 

sira

バウンス、ディフューズについては、各社色々なことを試してますよね。私もストロボ多用しますので、このあたりのことには興味あります。
発光部の小ささが解決できるような製品化なら面白そうですが、さすがにそれは難しいのでしょうか。
by sira (2011-02-07 19:46) 

genpati

確かに二枚目の写真の方が美味しそうに見えます!
by genpati (2011-02-08 09:12) 

えがみ

> でいぶさん さん
向きを下に折り曲げれば、フォトグラファーの影無く撮影出来そうですね。

> s_take さん
工事現場ですかー。意外な所の利用もあるもんですね。
鑑識とか見ていると、光れば良い、みたいな感じでしたから…。

> maki さん
発売されたら、EOSに無理矢理使いませんか。
接点を塞げば、フルマニュアルで使えるかも…?

> shige さん
AWBの不安定なデジタルでこそ、安定した光源として有用だと思いますが、皆さんオートに頼ってしまうのですね…。

> コリンママ さん
実はコリン君のことを思い出して記事を書いたんです。
特許が製品化されたらどんなに便利か、なんて実験はたまにしかしませんから。

> begenn さん
私は外付けフラッシュ用と思ったのですが、思えば用途は限定されていませんから、内蔵という線も考えられますね。
しかし発光面を大きく取る必要がありますから、本体が肥大化しそう…(汗

> penny さん
最近のNikonの特許はアマチュアに理解し易いものが多いですね。

> レイリー さん
如何に光を回すかがポイントですよね。

> sira さん
実は私も大変興味がありまして、いつもより記事に気合が入っています(笑

拡散性を高める為の、例えば光が複雑に屈折するような光学系を内部に仕込むことが出来れば小型化は可能だと思います。
が、この技術だけだと、ローグ・フラッシュベンダーのような製品になるでしょう。
Rogueだと混雑した場所で形状が変わったり、外れたりする可能性がありますが、Nikonは一体式で仕上げると思うので、途中で外れるなんてことは無いと思います。

> genpati さん
ライティングを変えただけで、写りは全く変わってしまうんですよ~

by えがみ (2011-02-09 00:23) 

グッドバランス

こんにちは~!(^^)!
1983年、ついに光を追いつめた、というニコンFAのキャッチコピーがありました。
とうとうニコンは、光を手玉に取った? のかな。すごいですね。
by グッドバランス (2011-02-14 23:27) 

えがみ

> グッドバランス さん
そのキャッチコピー採用させて頂きます(by Nikon広報)

…冗談ですよ。
by えがみ (2011-02-15 00:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

関連リンク