So-net無料ブログ作成
検索選択

Nikon Sigma 特許戦争を技術的に検証する【前編】 [ニュース・雑感]

ニコンがシグマに対し、特許を侵害しているものとして、訴訟に踏み切りました。 これは一体どういうことなのか、該当する特許文献から技術的に検証してみたいと思います。 先ずはニコンのパテントを調べてみました。

デジカメWatchによると、対象となるパテントは2件です。 1つは手振れ補正センサの制御方式に関するもの、もう1つは手振れ補正ズームレンズの光学設計に関するものです。 特許とは、特許文献の請求項に記述されている項目です。 この項目に全て一致していれば特許侵害となりますが、違いがあれば侵害ではありません。

手振れ補正センサの制御方式

特許文献、及び要約・自己解釈

  • 特許番号 3269223
    • 公開日 1995.5.2
    • 出願日 1993.10.15
    • 超音波モータと振動検出器とを備えた装置
  • 請求項
    • 1 超音波モータの共振周波数帯域が、手振れ補正センサの1次と2次の共振周波数の間であること
    • 2 超音波モータの周波数が、手振れ補正センサの共振半値幅帯域とは別の帯域であること
    • 3 超音波モータの周波数が、手振れ補正センサの1次と2次の共振周波数の間であること
    • 4 超音波モータの共振周波数帯域が、手振れ補正センサの共振半値幅帯域とは別の帯域であること
    • 5 超音波モータの共振周波数帯域が、手振れ補正センサの1次と2次の共振半値幅帯域の間であること
    • 6 超音波モータの周波数が、手振れ補正センサの1次と2次の共振半値幅帯域の間であること
    • 7 レンズ非交換式のカメラ、或いはレンズ交換式のカメラであること
    • 8 超音波モータはレンズに、手振れ補正センサはレンズ又はボディに設けられている
    • 9 略

電子デバイスを組み合わせただけでは製品は完成しません。 超音波モータと手振れ補正センサが同時に存在すると、部品が共振してしまい、うまく動かないそうです。 その為、どの周波数に設定すれば良いのか取り決めたことがニコンの特許です。 一言で言い表せますが、ごちゃごちゃと書かれているのは、きちんと定義する為です。

シグマが超音波モータと手振れ補正センサをどのような周波数帯域で動かしているのかは分かりません。 仮にシグマが制御方式に関する特許を出願していたとしても、それが実際の製品に組み込まれている保障はありません。 おそらくニコンはシグマのレンズを購入して、それを分解して調べたのでしょう。

しかし部品が共振しているから周波数を変えたというこの技術。 ことの帰趨次第では新規性が無いものとして、特許が無効になるリスクもありますね。 しかし特許として認められたわけですし、当時としては画期的だったのでしょう。

手振れ補正ズームレンズの光学設計

特許文献、及び要約・自己解釈

  • 特許番号 3755609
    • 公開日 1996.4.16
    • 出願日 1994.9.29
    • 像シフトが可能なズームレンズ
  • 請求項
    • 1 レンズ群を光軸にほぼ垂直に移動出来るズームレンズ。レンズの構成はG1 GF GBである。絞りはGB内或いはGBに隣接して設ける。GFをフォーカスするインナーフォーカス。ズーミング時GFとGBの間隔が変化する。
    • 2 GBはレンズ群全体で正の屈折力になる
    • 3 略
    • 4 GFの結像倍率に関する計算式はここでは省略する
    • 5 GBは正と負レンズそれぞれ1つ以上備える
    • 6 略

これは定義する範囲が結構広いですね。 手振れ補正ユニットが後群に組み込まれていて、インナーフォーカスで、前玉が正。 これだけだと例えばCanon EF-S18-200mm F3.5-5.6 ISが該当しますね。Tamronも怪しいですね。 強いて言うならフォーカス用レンズの結像倍率と、レンズのシフト方向がキモでしょうか。 特許侵害で無ければ、この部分が各社とも異なるのでしょう。

これも侵害に該当するのか判断しかねます。 フォーカス用レンズの結像倍率が違えばそれだけで異なる発明になります。 レンズのシフト方向(手振れ補正)が、ほぼ垂直ではなく、垂直だったり、横方向だったりすれば、やはり侵害にはなりません。 シグマの特許をよく調査する必要がありそうですね。

個人的な見解

WebのBlogや掲示板を見ると様々な意見があります。 どちらも日本が世界に誇る光学機器メーカーで、争いごとは避けてほしいというのがユーザーの本音でしょうか。 私も双方のメーカーに好感があるので、母と嫁が喧嘩する姿を思い浮かべてしまいました。

しかし光学業界は癒着していませんし、もし特許を侵害しているのであれば、裁判で決着をつけなければなりません。 ニコン側の見解は侵害しているから提訴、シグマ側の見解は侵害していないということなんですね。


nice!(49)  コメント(29)  トラックバック(0) 

nice! 49

コメント 29

ka_tate

>特許とは、特許文献の請求項に記述されている項目です。この項目に全て一致していれば特許侵害となりますが、違いがあれば侵害ではありません。

なるほど!詳しい解説ありがとうございます。
協議の結果物別れに終わったというのは、シグマがこの「全てに一致」を回避できてるという自信があるからなのでしょうか。

カメラメーカーとレンズメーカーは仲良くして欲しいと思いますが。ユーザーとしては判決を待つしかないですね。
by ka_tate (2011-05-26 14:19) 

JY

わかりやすくて助かりました。
個人的にシグマは、被災とSD1、それにこの訴訟と
ちょっと逆風が吹いてしまっているな、という印象なので
なんとか乗り越えて行って欲しい、と応援する意味でも...

それでも、SD1はちょっと手が出ません(苦笑
by JY (2011-05-26 15:10) 

MDISATOH

えがみさん今晩は!

先回の記事で、言い忘れましたが、シグマSD-1はとても高額で手が出ません!いくら性能が良くても高過ぎてはちょっと手が出ません。
私としては、寧ろコンタックス645デジタルバッグの価格がもう少し安くなれば其方を購入したいと思っている次第です。
シグマの交換レンズ(Fマウント)は150mmマクロ、150-500mm等、何本か使っていますが、コストパフォーマンスが高い良いレンズ
です。私としてはニコンとシグマが仲良くする事を願います。
by MDISATOH (2011-05-26 17:57) 

えがみ

> ka_tate さん
お気に召したようで良かったです。

私はカメラ業界で一番したたかなメーカーはシグマだと思っています。
過去の特許戦争を調べると、実に巧妙に危機を回避しているんですね。


> JY さん
ニコンの経営状態はあまり宜しくなく、売上に影響するシグマのレンズは何とかしたかったのかもしれません。
シグマも、SD1は販売台数からして利益が見込めなくなってしまいましたし、賠償金は避けたいのでしょう。

双方とも、養うべき家族を持った社員が勤務しているわけですからねぇ…。


> MDISATOH さん
デジタルバックは旧型のLeaf 22M画素 48x36mmだとセールで60万円台。SD1と同じくらいですが、如何でしょうか。

すみません実は私、MDISATOHさんが『私としてはニコンを応援したい』と仰ると思っていました。
今の時代、玄人でもかなり多くの方がシグマをお使いで、シグマの存在感は侮れないですね。
150mmマクロも150-500mmも性能は相当高く、しかも安価なので、シグマの写真文化に対する貢献度はかなり大きいです。

by えがみ (2011-05-26 19:30) 

kiyo

えがみ さん
今回の突然の提訴は、びっくりしました。
でも、特許なので、えがみ さんの見解を待っていたところでした。

やはり、難しいですね。
ちょうど、那和秀峻さんが書かれているように、光学式手振れ補正の基本特許は、本来、キヤノンが持っていたようですが、審査請求されていないので(=期間延長されていないということ?)、期限切れ(有効でない状態)でも重要となっているという事が、静かに横たわっている気がします。

それと、130億円の請求額の根拠が興味深いです。

by kiyo (2011-05-26 20:18) 

コリンママ

カメラ業界のなかでの争いは今後の発展のためにも上手くおさまってほしいところですね。
>超音波モータと手振れ補正センサが同時に存在すると、部品が共振してしまい、うまく動かないそうです。
言われれば確かにそうだろうな、と思うのですが、今まで知りませんでした。なるほど。

by コリンママ (2011-05-26 20:59) 

レイリー

わかりやすい解説、ありがとうございます!
難しい問題ですね・・・
CanonユーザーですがNikonも好きなメーカーですしSIGMAは貧乏人の味方なメーカーなのでなるべくなら穏便に事が終息する事を願いたいです。

by レイリー (2011-05-26 22:00) 

hi-low

両社の担当部局が話し合っても合意に至らなかったのでしょうね。知的財産高等裁判所ができたおかげで知財裁判の結審が速くなり、ニコンは法廷に持ち込んだのだと思います。

手振れ検出の特許文献を読むと、検出に振動検出素子を使い超音波モーターも使用する場合、素子の設定周波数はそこしかないだろうなという設定に特許をとっていますね。

像シフトに関しては、決像倍率とシフトレンズのほぼ垂直な動きが問題になったのでしょうか?ニコンの特許文献からは、シフトに加えてわずかなティルトを想定しているように思えます。

裁判が始まれば争点も分かり、ニコンもシグマをつぶす気はないと思いますので、適当なところで内容非公開の和解をして終わるのではないでしょうか。
あるいは、ニコンはFoveonを狙っていたりして・・・。
by hi-low (2011-05-26 22:18) 

s_take

和解を前提にしていればまだ良いですが、SigmaがNikonを
特許侵害で訴えるネタがあれば泥沼になってしまいますね。
裁判にリソースを取られて開発が遅れるのは避けてほしいです。
by s_take (2011-05-26 22:24) 

INSULTER

>SigmaがNikonを特許侵害で訴えるネタがあれば泥沼になってしまいますね。

これは完全な杞憂ですね。
by INSULTER (2011-05-26 23:08) 

こうちゃん

キヤノンの人がこういうシステムは
突き詰めていくと原石は同じようなもの。と言っていました。
by こうちゃん (2011-05-26 23:56) 

NO NAME

今回の訴訟、興味深く見守っています。
諸先輩方に教えていただきたいのですが、過去にカメラメーカーレンズメーカー間でどのような特許侵害による訴訟があったのでしょうか。

by NO NAME (2011-05-27 00:16) 

えがみ

> kiyo さん
一個人で判断出来る程、簡単な問題ではないので、私の見解をお待ち頂かなくても…(汗

特許としての有効性が無いなら、気にする必要はないのですが、周辺特許にキーがありそうですね。
各社とも、特許に強いキヤノンと敵対したくない旨あるのでしょう。


> コリンママ さん
もし仮にSigma側が悪い(侵害している)のであれば、Sigmaには責任を取ってもらわないと、今後研究開発を行うメーカーはなくなります(なくなりはしないですが)。
記事のタイトルが戦争なので穏やかではないですが、これは私のネーミングセンスが悪いだけです…


> レイリー さん
もう業界には古株しか残っていないのですよね。Sigmaとて最後発であるにも関わらず今年で50周年。
どのメーカーにもファンがついていますから、メーカーが損害を受けたり与えたりするのは避けたいところです。


> hi-low さん
仰る通り、ニコンの特許無しに、シグマはOSとHSMを併用出来ないのでは、と疑問を抱かずにはいられません。

請求項を見ると防振以外の光学系はよくあるパターンで、これが侵害に相当するとは思えず、残りの請求項に着目しました。
hi-lowさんのご指摘はもっともなことでありますのでシグマの特許も探してみたいと思います。


> s_take さん
確かに特許戦略に関わる部署の方々は裁判に出席する等、手間がかかるのですよね。
その間、製品を改良する時に、他社の特許に抵触しないか調査するリソースが減るので、両社とも大変です。


> INSULTER さん
コメントありがとうございます。
仰る通り、シグマは他社の文献を参考文献として挙げていますが、ニコンがシグマの文献を引用するのは見たことないですね。

> こうちゃん さん
なるほど、他の手立てでは実現のしようがないんですね。
もしある一社が特許でがちがちに固めてしまえば、その一社だけが手振れ補正の技術を保有していたかもしれないですね。

by えがみ (2011-05-27 00:40) 

えがみ

> NO NAME さん
初めまして、コメントありがとうございます。

一番有名なのは
http://ja.wikipedia.org/wiki/ミノルタ・ハネウェル特許訴訟
でしょうか。
我々が知る情報は少なく、水面下では様々な衝突があるんですね、きっと。

更に面白いのはシグマの戦歴です。
東京光学(現 トプコン)はTTLの特許でシグマを訴えましたが、シグマが勝訴。
キヤノンですらパテント料をトプコンに支払っていたようです。
また、ミノルタ(現 コニカミノルタ)はAFの連動方式に関する特許でシグマを訴えましたが、シグマが勝訴。

カメラ業界の筆頭だった2社はいずれとも、カメラ事業を撤退しています。
勿論、撤退はその後の開発方針に問題があったのであって裁判は無関係ですが、只ならぬジンクスを感じてしまいます。
但し2社とも光学事業は続けているようで、コニカミノルタオプト社はニッコールの光学設計も行っているようです。

by えがみ (2011-05-27 01:10) 

こうちゃん

えがみさん、
再コメントをお許しください、
付け足しで、特許を振りかざせば、今度は
公取が独禁法で開発メーカーを追い立てる。とも言っていました。
つまり、日本の法律は相反する法律が、同時に成り立つ
おかしな国なんですよ。

by こうちゃん (2011-05-27 01:22) 

hi-low

申し訳ありません、追加コメントです。
”New ズイこれ”でHiro_Sakaeさんが、SigmaのOSマクロレンズに関する特開を二つ紹介されています。
特開2011-013358
特開2011-013357
この文書でも、像シフトレンズの移動は”略垂直”とされています。NikonとSigmaが、共にわざわざ”略(ほぼ)”と書いている理由が気になってしまいます。ティルト補正を潜り込ませているのでしょうか?
by hi-low (2011-05-27 08:35) 

penny

固唾をのんでます。
by penny (2011-05-27 15:30) 

ポロ&ダハ

個人的には、レンズ内に手ブレ補正用レンズを付け加えることで解像度がUPすることはあり得ないですから、最高の解像度を得るためにも、シグマには今からでもボディーの方に手ブレ補正を内蔵させて欲しいです。
Pentax 645Dより割安感が出てきてくれたら、SD1を購入する気マンマンなんですけど、40万円ぐらいになるのは、いつ頃なんでしょうかね。
あと、レンズに関しては、テレセントリック性には圧倒的に不利なnikonFマウント等は無視して、SAマウントとEFマウントだけで100本/mmの解像度を画面周辺まで絞り開放から確保できるようにして欲しいですね。
SIGMAの70mm/F2.8マクロって、すごい解像度だと思うのですが…
by ポロ&ダハ (2011-05-27 18:33) 

ぱぱくま

特許に係る問題になるかどうかは開発時に十分調査も行うのではないかと思うのですが、繊細な問題なのでしょうね。エンドユーザとしての感心事は良いものが安く手に入る事ですから、この行方を見守りたいです。
by ぱぱくま (2011-05-28 10:36) 

begenn

Nikonが好きですが、Sigmaも好きなメーカーです.
ユーザーとしては、製品開発が遅れそうなのが心配です。
by begenn (2011-05-28 11:08) 

ちょっとピンぼけ

両社、良い落としどころを見つけてもらいたいです。
by ちょっとピンぼけ (2011-05-28 12:16) 

Ranger

うーん・・・そんなん言い合うより、みんなで共同開発してジャパンメーカーの素晴らしさを世界に向けてに出したらいいのに
by Ranger (2011-05-28 19:37) 

oguri

こうちゃん さんへ

完全な横槍です。まずは非礼をお詫びします。
「日本の法律は相反する法律が、同時に成り立つおかしな国」との認識について。
特許も独禁法も、本来同じくらい大事なはずです。

特許重視 ⇒ 独占により競争原理が働かず、業界が衰退する
独禁法重視 ⇒ 企業が研究開発しない事で、技術力が衰退する

どちらかだけが存在するような国の方がむしろおかしい・異常かと思われます。アメリカなんぞは、国からしてその相反する法律のバランスを積極的にコントロールしていくように政策を転換しているらしいですよ。(キャノン特許部隊、という文献より。うろおぼえですが)

以上、失礼しました。
by oguri (2011-05-29 00:25) 

ナビパ

カメラ好きの間では訴訟が相当の話題になっていますね。
私も両メーカとも好きなので和解してくれることを望みます。
シグマレンズのニコン用の販売にも影響でるのかな。。。
by ナビパ (2011-05-29 21:13) 

sira

結論がどの様に出るのかは私にはわかりませんが、
超音波モーター内蔵レンズがあまりラインナップされていない時代に、
F5にシグマのレンズをつけてお世話になりました。
そんな補完関係はユーザーにはありがたいんですよね。

by sira (2011-05-30 18:39) 

えがみ

沢山のコメントを頂きありがとうございます。
返信はお待ち下さい。

by えがみ (2011-05-31 00:20) 

えがみ

> こうちゃん さん
度々の情報ありがとうございます。
必死で研究開発しても自制しないといけないのですか…。う~ん…


> hi-low さん
いつも詳細な情報をありがとうございます。
http://egami.blog.so-net.ne.jp/2010-12-03
ではそこまで突っ込みませんでした。

仰る通り、"ほぼ垂直"とありますね。
なんだかますます分からなくなってきました。


> penny さん
我々は見守るしかないのですよね。


> ポロ&ダハ さん
コメントありがとうございます。
レンズ内、ボディ内、どちらにもメリット・デメリットがありますから難しいところですね。

仮に645DとSD1が同じ値段でも、用途によってはSD1を選ぶべき理由がありますよ。
・小型軽量なこと
・寄れること(中判レンズは寄れない)
・レンズが安いこと(645Dの25/4は36万円!)
・人物向きなこと(Pentaxは彩度が高めで風景向き。しかしFoveonは色かぶりが心配ですが)
勿論、用途次第ではありますが…。

仰るようにレンズ設計で不利なニコンFマウントを無視するのは合理的です。
実際シグマもSAマウントに外爪を付けていましたし、SAマウント専用のレンズを考えていたのでしょう。
しかしSAマウントは思った程売れず、相変わらずシェアの高いニコンFマウントを無視出来ない状態だと思います。
因みに70/2.8マクロの特許を調べてみたら女性による設計でした。


> ぱぱくま さん
もしかして手振れ補正のユニットって、ある無名メーカーが開発していて、ニコン・シグマ両社ともそのメーカーから買っていた、なんてことはないでしょうか。
その為、似通ったものになってしまった、と。


> begenn さん
仰る通り、特許に関わる方は裁判に狩り出されますね。
その間、他社の特許調査が滞ることになります。


> ちょっとピンぼけ さん
話し合いでそれが出来なかったから裁判に至ったのですよ、きっと。


> Ranger さん
カメラメーカーって日本しかないので、日本メーカー同士で競争することになるのですよ。
(あ、HasselbladとかSinarとかカメラメーカーは沢山ありますけどね)


> oguri さん
コメントありがとうございます。
大変勉強になりました。


> ナビパ さん
予想以上にシグマに好感を持たれている方が多いですね。
確かに高騰するニッコール、高性能で安価なシグマ、当然の帰結かもしれません。


> sira さん
そうですね。
ライフサイクルは短いですし、一社だけでシステムを全てまかなうことは無理があるのですよね。


by えがみ (2011-06-02 00:16) 

グッドバランス

こんにちは~(^o^)
訴訟って、だれが儲かるんでしょうね・・・
無論、ニコンも、突然の訴訟ではなく、再三、シグマに警告なりした結果だとは思いますが・・・
えがみさまのご意見にあるように、私もミノルタとハネウェルの件を思い出しました。
それがミノルタの斜陽の一因になったことは想像に難くありません。
by グッドバランス (2011-06-05 09:33) 

えがみ

> グッドバランス さん
もし技術を乱用することが罷り通るのであれば、研究に投資するメーカーはなくなります。
だから訴訟はユーザーの為でもあります。

他社の技術を製品解析や特許文献からでは完全に学び取ることは難しく、シグマも独自に研究等は行っていると思います。
その結果、シグマのレンズが侵害に当たるのかは裁判所の判断次第です。

by えがみ (2011-06-05 19:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

関連リンク