So-net無料ブログ作成
検索選択

Nikon 105mm F2の特許 [光学技術・レンズ設計]

ニコンが105mm F2.0の中望遠レンズに関する特許を出願中です。 開口絞りとは別にもう一つ絞りを設けることで近距離における性能を向上させたレンズです。 スペック、光学系ともにAi AF DC-Nikkor 105mm f/2Dと酷似していることから、モデルチェンジまで秒読み段階なのかもしれませんね。

AF-S DC-Nikkor 105mm F2G

patent: 105mm F2

AiAF DC-Nikkor 105mm F2D

product: Ai AF DC-Nikkor 105mm f/2D

特許文献、及び要約・自己解釈

  • 特許公開番号 2011-112955
    • 公開日 2011.6.9
    • 出願日 2009.11.27
    • 関連 2011-112957
  • 実施例1
    • 焦点距離 f=85.0mm
    • Fno=1.46
    • 画角 28.38°
    • 像高 21.60mm
    • レンズ全長 115.45mm
    • バックフォーカス 38.12mm
    • 最大撮影倍率 -0.11197
    • 非球面 1面
  • 実施例3
    • 焦点距離 f=104.02mm
    • Fno=1.98
    • 画角 23.48°
    • 像高 21.60mm
    • レンズ全長 127.09mm
    • バックフォーカス 44.44mm
    • 最大撮影倍率 -0.13080
    • 非球面 0面
  • 正レンズ群とフォーカス用レンズ群から成る
  • インナーフォーカス
  • 可変絞りを正レンズ群の中に設ける
    • 撮影距離によって絞り径を変化させる
  • 開口絞りを、2つのレンズ群の間に設ける
    • F値を可変させる一般的な絞り
  • 近距離の光学性能が良好
    • 余分に入射する光線がコマ収差を発生させていた
    • 可変絞りを物体側に配置することで近距離におけるコマ収差を補正
  • 第2レンズ群の一部は、手振れ補正として使用可能

二つの絞り

絞りを複数内蔵し余分な光線をカットする技術は昔から使われてきましたが、ニコンは絞りをフォーカスに合わせて変化させたようです。 フォーカシングに連動して変化する絞りを備えたレンズが今までに有ったかは分かりません。 この構造は不要光を除去出来るので、近距離で顕著なコマ収差を補正出来るようです。 尚、最大撮影倍率は1:7.645です。 現行品が1:7.7ですから、切捨て切上げレベルの話ですね。 近距離性能が向上したからといって寄れるようになったわけではないようです。

収差

収差(ワーストケース)
INF MOD
2011_112955_fig06a.png 2011_112955_fig06b.png
球面収差 +0.16mm(g線) -0.1mm
非点収差 -0.1mm -0.3mm
歪曲収差 0% -1%
倍率色収差 +0.02mm 0mm

性能はもはや説明不要の領域。 ところで気になったのは中心でもそこそこ残る球面収差で、周辺で大きくなるわけではなく画面全体でほぼ均一です。 それでいて色収差や歪曲はゼロ。 カリカリに解像するレンズではなく、自然で柔らかい、好ましいと感じる絵を得られるのではないでしょうか。

おそらくボケ味に拘ったレンズになると思いますが、Defocus-image Contorl はどうなるのでしょう。 DCとはボケ味コントロール機能のことで、現行モデルと同135mmの特徴です。 単なる105mm F2レンズなら興ざめですので、是非ともDCレンズの機能は残してほしいものです。 あともう少し寄りたい…。

ニコンのポリシー

製品発表や特許を見る限り、ニコンの方針はブレませんね。 売れ筋の便利ズームを強化する一方で、古くからの単焦点レンズも少しずつリニューアルが行われ、新モデルも追加されつつあります。

ニコンにはニコンの都合がありますから、ユーザーの望む価格や順序で製品化されるとは限りません。 新105mmもかなりの価格になることは間違い無さそうですが、それだけの値打ちがあり、ポートレート撮影等では手放せない一本になりそうですね。


nice!(37)  コメント(26)  トラックバック(0) 

nice! 37

コメント 26

hi-low

追加された絞りは、顕微鏡の視野絞りと同じ効果を狙っていますね。
DCコントロールよりも、切り替え式のアポダイゼーションエレメントを入れたほうが、収差を無くした上でボケをコントロール出来ますね。可能かは自信がありませんが・・・。
SonyのNEX用30mm/F3.5マクロは、顕微鏡の対物レンズにワイコンをつけたような構成だと思いましたが、光学顕微鏡トップメーカーのNikonからも新しいアイデアのカメラレンズを期待してしまいます。
by hi-low (2011-06-10 12:49) 

こうちゃん

さすがにこの焦点距離だと手振れ防止は
ついていませんね。
by こうちゃん (2011-06-10 14:42) 

DolceVita

実施例1 (f=85.0mm) 画角 28.38°
実施例3 (f=104.02mm) 画角 23.48°
???
by DolceVita (2011-06-10 16:29) 

penny

ボケ味って大切にしたいですね。
きっと良いレンズなんだろうなあ。
by penny (2011-06-10 16:58) 

ken2

非常に興味あるレンズですね。実売されることを望みます。
最近のニコンの特に単焦点レンズの設計方針は、歪曲や
周辺減光などのソフト補正可能なものは無理して直さずに
コマ収差などの後から補正が困難(もしくは不可能)なものの
補正に力を入れているように思います。

ボケ味がよくなれば、中望遠にとっては一番美味しいわけで
うれしいですね。奥を言えば、もう半絞りでも明るく、もう少し
寄れるといいけどなぁ。
by ken2 (2011-06-10 17:09) 

水銀

こんにちわ、えがみさん

DC-Nikkorは気になるレンズなのですが手が届かないですね(^^;
歪曲収差はカメラで補正すれば良しというレンズが多い中で、レンズでしっかりと補正しているのは光学屋としてのポリシーでしょうか
by 水銀 (2011-06-10 22:21) 

ナビパ

Gレンズでしょうか
Nikonもレンズのモデルチェンジ頑張っていますよね。
by ナビパ (2011-06-10 22:42) 

良吉

 同じ構成だけど、第一エレメントの直後に絞りのあるエルマーに対してテッサーは第二エレメントの後ろ。

 余分な光をカットできるので、エルマーの方が優れているとされていたけど、その後のエルマー50/2.8はテッサーと同じ位置に変わってしまった。

 急角度で入射する光をカットすれば、コマを減らせるはずですが、絞り前のフレアカットって、そんなに効果的なのでしょうか。

 しかし、100クラスは、特に何もなくても、みんな優秀ですね。
by 良吉 (2011-06-10 23:12) 

でいぶさん

マクロだけでなくポートレートでも活躍しそうなレンズですね。
by でいぶさん (2011-06-11 09:36) 

sira

昔からの105ミリファンです(^^)
Nikonの中望遠レンズって、地味な存在ながらも昔から良いものが出ていますよね。この焦点距離は大好きですが、マクロの優勢な領域でもあるので、DCでいかないと売れないかも。
by sira (2011-06-11 09:44) 

ぱぱくま

こんにちは。
ボケ味の柔らかな中望遠ならポートレートにも良いですね。
魅力的な単焦点が沢山出てくるとユーザにとっては嬉しい悩みが増えますね(^-^;
by ぱぱくま (2011-06-11 11:59) 

レイリー

やはりニコンは凄いなと感じます。
売れ筋ばかりを強化するのではなく、いままでの銘玉を更にレベルアップして投入。
やはり単焦点でそろえて行きたいな。。。
by レイリー (2011-06-11 12:36) 

えがみ

> hi-low さん
hi-lowさんの技術的なコメントはいつも勉強になります。
顕微鏡の光学系までは、思いも至りませんでした。

技術者の往来がどのように行われているのか分かりませんが、カンパニー制を採るニコンでは、精機部門と映像部門は別会社のような感じではないかと思っています。
が、同じニコン一員であることに代わりはないので、写真用光学設計者の方も、顕微鏡の光学設計に興味を持ってほしいものです。


> こうちゃん さん
性能の良し悪しは別にして、第2レンズ群の一部を防振に使うことも可能なので、製品化では組み込まれるかもしれませんよ。
すいません、記事に追記しました。


> DolceVita さん
Nikon AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G と時を同じくして検討されていたと思われます。

85mmは昔から段階的に設計が進んで
http://egami.blog.so-net.ne.jp/2009-11-09
今回の特許が最終候補で、更に次の新製品として105mmも検討といったところでしょう。


> penny さん
現行レンズも掛け値無しに良いレンズだと思います。


> ken2 さん
ソフト補正と光学補正をうまく使えば、レンズ設計の自由度は更に増しますね。
私も、より明るく、より寄れる方が良いですが、性能のコストの兼ね合いでしょうか。


> 水銀 さん
この位のスペックですと、元から歪曲はあまり出ないように思います。
とはいえ倍率色収差は、ソフト的に補正し易いにも関わらず、光学的に補正されているので、このレンズに限ってはニコンなりの拘りがあるのかもしれません。


> ナビパ さん
最後に発売された非GレンズはAiAF Nikkor 50/1.8Dで、もう10年前のことです。
今後はGレンズしか出さないと思います。
(栃木ニコンのアレは特殊なのでまた別)

Gレンズだからといって、いつまでも突っぱねていないで、そろそろGレンズ前提で集めようかと思っている今日この頃です。


> 良吉 さん
> 特に何もなくても、みんな優秀ですね。
幾らかのユーザーはTamron 90mm Macro等の優秀なレンズを既に所有していると思うので、明るいとはいえ寄れないDCニッコールにどれだけの魅力があるのか難しいところですね。
似た画角であっても写りによって複数のレンズを持つのはアリだと思いますが、大多数の方は、画角で一通り揃えれば満足するのでしょうし。


> でいぶさん さん
むしろ、ポートレートがメインではないかと思います。
ニコンWebにあるDCニッコールの作例はなかなか良いですよ。


> sira さん
DCであることに意味があるんですね。
古株ユーザーなら誰しもが100mm前後のマクロをお持ちだと思います。
その上で非マクロの中望遠を売るにはDC等の別の魅力が必要です。


> ぱぱくま さん
今まで純正Gレンズは購入を見送ってきましたが、ここまで魅力を訴求されてしまうと、私も妥協して買ってしまうかも(笑


> レイリー さん
キヤノンもこれに感化されて、単焦点を強化してほしいですね。
それに触発されたニコンも、更に単焦点を充実させる連鎖が続くと万々歳です。

by えがみ (2011-06-11 15:24) 

begenn

また値段が上昇するんでしょうねぇ.   (*¨)
by begenn (2011-06-11 17:04) 

kiyo

えがみさん、
えがみさんと、siraさんが気にされているDCとの棲み分けが不明な点が、良いのか・悪いのかを不明にしてしまっていますね。

今後は、マクロに限らず、既存のDC化されたレンズ以外で、ボケコントロールが必要な高性能レンズは、こちらの路線でいくということなんでしょうかね?

by kiyo (2011-06-11 17:15) 

s_take

絞りと言えば、絞りすぎによる回折を抑える光学素子が出来たら良いですね。
by s_take (2011-06-11 20:04) 

しばちゃん2cv

重い! デカイ! 高い!
でも、その一途なところがすてきっ
by しばちゃん2cv (2011-06-11 22:28) 

えがみ

> begenn さん
例外なくモデルチェンジごとに値上げされているんですよね~。


> kiyo さん
DCは特殊な部類なのでシステムに一本あれば十分だと思います。
たまたまポートレートに使い易い画角と、マクロに使い易い画角が一致しているわけで…。


> s_take さん
う~む、どうでしょう。難しそうな気もしますが…。


> しばちゃん2cv さん
三拍子揃ってますね、見事に。
by えがみ (2011-06-12 07:42) 

グッドバランス

亀コメント 申し訳ございません。

古くより「固い」「肌がざらざら」というイメージを背負ってきたニッコールのとって、DC105や135は起死回生の2本だったのかもしれませんね。ただ、実際、普通の105/1.8や135/2.0で不満の声を聞いたこともなく、実用品でありながらも嗜好品の要素も強い写真用品の商売の難しさを痛感します。
テーマは違いますが、70~180のズームのマクロレンズも、机上では実用的ですが、結局は売れたとは言い難い・・・マーケティングって難しいなと痛感します。
by グッドバランス (2011-07-06 23:17) 

えがみ

> グッドバランス さん
マイクロズームの売れない原因は、ズームであること、暗いこと、F値が変動すること、だと思っています。
この金額を出すなら200/4しかないだろうと思うのではないでしょうか。


昔は硬調でコントラストの高いニッコールが好きでしたが、ある時、中判6x7のセコールに手を出してみて、成る程こういう描写もありなんだな、と思うようになりました。
それでもニコンを使い続けましたが、最近は人物撮影が増えてきたこともあって、キヤノンが羨ましいです。
DC105/2をモデルチェンジしてくれるなら、引き続きニコンで良さそうですね。
でも色はキヤノンかな。

by えがみ (2011-07-10 03:39) 

アポゾナー

DC105/2.0Dが85/1.4Dと同じ乾燥してキレる描写だったので、湿度表現のできるDC135/2.0Dの階調にシフトして欲しい。 深いフードを付属して頂きたい。
by アポゾナー (2012-06-29 22:53) 

えがみ

> アポゾナー さん
急にDC135/2.0Dが気になりだしました。
105mm、135mm、どちらも特許が存在しますが、どうなることやら。

by えがみ (2012-07-02 21:13) 

アポゾナー

VR135mmF1.8Gになるようです。
by アポゾナー (2012-07-16 01:07) 

えがみ

> アポゾナー さん
ありがとうございます。
VR付きますか。

by えがみ (2012-07-20 20:53) 

アポゾナー

ニッコールで、肌の湿度描写と自然なボケの両立ができているポートレイトレンズはDC135mmF2.0Dだけですからね。
by アポゾナー (2012-11-15 20:32) 

えがみ

そこまでレンズに手を入れてくれるなら、ニコン機の肌色表現はもう少し変えてほしいかなと思う今日この頃です。

by えがみ (2012-11-18 23:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

関連リンク