So-net無料ブログ作成
検索選択

Canon 55-110mm F2.0 の特許 [光学技術・レンズ設計]

キヤノンが55-110mm F2.0の特許を出願中です。 換算率1.6倍のAPS-Cに対応し、35mm判換算で90-180mmのズームレンズになります。 室内スポーツや、屋外ポートレート等で重宝しそうな焦点距離域ですね。

2012_8344_fig01.png

patent: 55-110mm F2

特許文献、及び要約・自己解釈

  • 特許公開番号 2012-8344
    • 公開日 2012.1.12
    • 出願日 2010.6.24
  • 実施例1
    • 焦点距離 f=55.5 - 112.2mm
    • Fno. = 2.0
    • ズーム比 2.0
    • 半画角 13.4181 - 6.712 deg.
    • 構成 15群18枚
  • インナーズーム
  • 前群繰り出し式
  • 望遠側へズーミングさせると前群側に負の歪曲収差が発生するが、第5群を移動させることで後群側に正の歪曲収差を発生させ、全体の歪曲収差を抑える。

APS-C時代に適した焦点距離

70-200mmの画角のみをAPS-Cで得ようとしたレンズには、トキナー50-135/2.8やシグマ50-150/2.8があります。 70-200/2.8の画角とボケをAPS-Cで得ようとすると、ズーム率に難があるものの55-110/2.0が近いですね。 55-110mmというと少し珍しい焦点距離ですが、70-200mmをフルサイズで使い慣れている方なら、APS-C + 55-110mmも受け入れ易いのではないでしょうか。

2012_8344_fig03.png

performance

Canon POWER PROJECTOR LV-7590

被写体の像を撮像素子やフィルム上に結ぶ撮像装置(撮影レンズとして)にも適用することができる。

特許のレンズは写真用レンズとしても使えますが、元はプロジェクタ用レンズで、おそらくLV-7590用に検討されたと思われます。 LV-7590の液晶パネルのサイズは1.3型x3でアスペクト比4:3です。 ほぼフォーサーズ(1.33型)ですね。いずれ中古市場に出てくるかもしれないので、改造して使ってみたいですね。 LV-7590は交換レンズに対応したプロジェクタで、ラインナップに長焦点ズームレンズがあります。

  • 長焦点ズームレンズ LV-IL03
    • 商品コード 7669A001
    • 希望小売価格 280,000円(税別)
    • 焦点距離 63.5~111.5mm F2.03~2.89
    • 質量 1.8Kg
    • 最外径 φ95.2mm

その気になれば、EF-S用レンズとして55-110mm F2.0をラインナップ出来るわけですが(EF-Sマウントに入るか分かりませんが)、今のままでは手軽に使えるようなレンズにはなりませんね。 イメージサークルが少し足りませんが、CN-Eレンズとしてラインナップする方が需要はあるかもしれません。


nice!(39)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 39

コメント 8

nambu

はじめて書き込ませて頂きます。
このレンズ、フルサイズ対応なのでしょうか?
ボクの場合、フルサイズのポートレートレンズとして待望の焦点距離・明るさです。昔、EOS系の掲示板でこういうレンズがあるといいなっと書いたら、どんだけ大きくなるのかとかなり反論されましたが、EF135F2.0より少し短く、少し太い程度だと踏んでいます。
by nambu (2012-01-20 10:49) 

こうちゃん

しかし、CP+も近いというのに
新しいレンズの発表もありませんし、
発表しても発売日が安定しませんよね。
最近のCanonさん。
by こうちゃん (2012-01-20 14:58) 

良吉

 テレフォト(望遠)レンズなら、普通はパワーが絞りの前ですのでプラス(糸巻き型)の歪曲が発生するはずですが、このレンズはテレ側でマイナス(樽型)と言うのが面白いです。

 たぶん、ズームだからでしょう。発売されることがあれば、説明が付くと思いますので、それまではペンディング事項です。

by 良吉 (2012-01-20 20:36) 

ナビパ

明るさも焦点距離も学校の体育館での撮影に良さげですね。
EF-Sレンズなんですか
by ナビパ (2012-01-20 21:46) 

s_take

これだけ明るければ単焦点の出番が少なくなりそうです。
G3は手振れ補正ユニットのように見えますね。
by s_take (2012-01-20 21:57) 

レイリー

面白い画角のズームレンズですね!
しかし、とても使いやすそうな領域で明るく重宝しそうです。

by レイリー (2012-01-20 22:14) 

コリンママ

レンズを改造するって私には未知の世界です。
知ったらハマってしまうかも・・・。キケン、キケン。
by コリンママ (2012-01-21 06:23) 

えがみ

> nambu さん
初めまして、コメントありがとうございます。
イメージサークルは少し余裕があるかもしれませんが、APS-Cに合わせて設計されたようです。

フルサイズでこのスペックは理想的です。APS-Cなら30-90mm程度が良いですね。
70-200mmは室内スポーツには良いかもしれませんが、ワイドが弱くポートレートには少し使い難いですから。

どのくらいの大きさになるかは、性能次第です。
同じ焦点距離とF値でも、小さなレンズ系も、大きなレンズ系も有り得るんです。
Lレンズだと手抜きは出来ないでしょうから、ご期待には添えらず、相当大きくなるのではと思います。


> こうちゃん さん
開発の遅れが根底にあって、地震や洪水が追い討ちをかけた感じですね。
他のメーカーも対外的にはごまかしながらやりくりしていると思います。


> 良吉 さん
発売されても技術的な内容は説明ないかもしれません。
ズームは長焦点なのにレトロの構成を採ったり、なかなか難しいですね。


> ナビパ さん
元の用途がAPS-CサイズのプロジェクタなのでEF-S相当になります。


> s_take さん
ズームは重いですから、単焦点の優位性は覆りませんよ、きっと。


> レイリー さん
この画角域を多用する人は多そうですね。


> コリンママ さん
適当なバヨネットを付けてフランジバックを合わせれば、何とか使えてしまうものなのですよ。

by えがみ (2012-01-23 02:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

関連リンク