So-net無料ブログ作成
検索選択

Nikon 9-25mm F2.8-5.0 の特許 [光学技術・レンズ設計]

ニコンが9-25mm F2.8-5.0の特許を出願中です。 換算2.7倍のCXフォーマットに対応し、35mm判換算24-68mm(約24-70mm)となる標準ズームレンズです。 広角側のF値がF2.8とズームにしては明るいので、キットレンズよりもワンランク上のレンズが欲しい方には良い選択肢ですね。

2012_53230_fig01.png

patent: 9-25mm f/2.8-5.0

特許文献、及び要約・自己解釈

  • 特許公開番号 2012-53230
    • 公開日 2012.3.15
    • 出願日 2010.8.31
    • 関連する特開 2012-53231、2012-53232
  • 実施例1
    • 焦点距離 f=9.05996 - 25.40001mm
    • Fno 2.89342 - 5.08823
    • 半画角 44.65324 - 18.28836deg.
    • 像高 8.35000mm
    • レンズ全長 72.43416 - 68.71681mm
    • BF 6.19693 - 6.19667mm
    • ズーム比 2.8035
    • レンズ構成 10群12枚
    • EDガラス 1枚
    • 非球面 3面3枚
  • ニコンの特許
    • 負正正の3群ズームレンズ
    • 第3群は単レンズのみ
      • 小型軽量化
      • コストダウン
      • 軸上色収差を補正し易い

標準ズームレンズ 24-70mm F2.8-5.0

2012_53230_fig02.png

キットレンズは換算28mmスタートが多いのですが、付けっ放しの標準ズームなら、換算24mmが欲しいところですね。 Nikon1は話題性にやや欠けるようですが、レンズのラインナップとボディのデザイン次第では、購入対象にする方も多いのではないでしょうか。

性能は文字がかすれてよく分かりませんが、良好なように思います。 広角側の歪曲は-7%くらいなので、電子補正前提のズームにしてはかなり少ないですね。

Nikon COOLPIX S30

涙ぐましいコストダウンの工夫が随所に見られますね。 画素数やズーム率は、押し付けがましい付加価値にしかなりませんから、こなれた技術によるCoolpix S30には好感が持てます。

単三電池が使えるだけでなく、撮影枚数も意外に多いです。 専用バッテリーのディスコンを心配する必要はないでしょう。 ここまではCoolpix L23と同等の仕様です。 ほか、画素数を抑えたCCD、画素加算モード、防水防塵、と感心してしまいました。

先日の記事

特許公開番号、出願人が間違っていたこと、誠に申し訳ありません。 よしさん、ご指摘頂き有難うございました。

その前の記事をベースに、コピペで次の記事を作成したところ、コピペミスが発生していました。


nice!(25)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 25

コメント 10

こうちゃん

9mmですか、超広角ですね。
一度、覗いてみたくなりますね。
by こうちゃん (2012-03-16 15:45) 

hi-low

負から始まる光学系のズームは、長焦点側のF値がどうしても大きくなってしまいますね。歪曲収差はm4/3のズームレンズに比べたら大人しいと思いますが、電子補正に頼り切りにならず、素の性能が良いレンズも用意して欲しいです。
by hi-low (2012-03-16 20:39) 

s_take

コンデジも広角が普通になって来てるので一眼も換算24mmが必須になるかもしれないですね。
by s_take (2012-03-16 20:48) 

良吉

 前群との間がアフォーカルでしょう。後ろによると広角、前によると望遠で分かりやすいズームですね。どうも可変f値は苦手です。望遠にしたとたん暗くなりシャッターが遅くなるのは、いけません。

 ところで、像面湾曲の話題ですが、正負正の前後対称型、いわゆるガウスは像面湾曲に弱いそうです。それに比べ同じ前後対称でも負正負のビオゴンは優秀だそうですよ。

 手持ちの雑誌を見ると、京セラコンタックスG用のビオゴン28/2.8は絞った方が解像力が落ちます。(f2.8で200本/ミリ、f8で160本/ミリ。)理論上の絞りと解像力の関係に近いですね。

 これは周辺と中心の解像力に差が無いからと考えられます。言い換えると像面湾曲が少ない証拠でしょうか。さすがに航空写真用に開発されたレンズだけのことはありますね。

 NEX7は私も買うつもりでしたが、ぎらつくEVFに、たじろいで見送りとしました。OVFで見ないと心配なアナログ派なんでしょう。
 

by 良吉 (2012-03-16 21:27) 

水銀

えがみ さん、こんにちわ

換算24-70ズームは使い勝手が良さそうですね、あとはお値段しだいだと思いますが。
Nikon1はまだまだレンズラインナップに乏しいので、早く魅力的なラインナップを増やして欲しいですね。CXフォーマットを生かしたレンズの登場を期待したいです。
by 水銀 (2012-03-17 09:42) 

良吉

 今日、立ち読みしていた本にコンパクトデジカメのテレセントリック光路の説明が載っていました。特許のレンズも最後尾にある正のエレメント以降が、その役割を果たすわけですね。

 以前、バックフォーカス0.5ミリのレンズが有りましたが。これもテレセントリック光路が備えられているためです。

 最初は、フラットナーかと思いましたが、テレセントリック光路だったのですね。これで、また一つ課題が解決できました。

by 良吉 (2012-03-17 19:25) 

ナビパ

ニコンもミラーレス機に力を入れ始めましたね。
レンズラインナップが豊富になるのはボディ選択するうえで
強い味方になりますね。
コンデジを含め標準は換算24mmスタートはいいですね。
28mmスタートはまだ多そうなので。。。?
by ナビパ (2012-03-17 20:52) 

しばちゃん2cv

FX、DX、CX どれがどのサイズのなのか、未だによく考えないとわからないときがあります。
by しばちゃん2cv (2012-03-17 22:18) 

えがみ

> こうちゃん さん
私も9mmのぞいてみたいです。


> hi-low さん
RAWまで補正されてしまうと、レンズの性能が分からなくなってしまいます。
コシナやシグマは、電子補正に頼らないミラーレス用レンズを出しているので期待したいものです。


> s_take さん
パースが目立って少々使い難いところもあるのですが、狭い日本で全景を写すには28mmじゃ到底足りませんからね…。


> 良吉 さん
どのレンズも軒並みアフォーカルを採用しているんじゃ、という位によく見掛けます。
テレセンのコンセプトもX-Pro1のレンズと同じでしょう、昔は像面に近付けちゃダメなんじゃ、と思っておりましたが。

私もBiogonに関する記事は何度か読んだことがありますが、良吉さんのせい(おかげ)で物欲が沸いてきました。
一眼レフばかりで縁が無かったものですから。

by えがみ (2012-03-21 21:26) 

えがみ

> 水銀 さん
ブツ撮りなら適度なパンフォーカスが欲しいですから、1インチは意外にバランスが良いかもしれません。


> ナビパ さん
他社を追うかのように一斉に24mmというのも心配です。一時期のまやかしではないかと。
油断するとパースがきつくて…


> しばちゃん2cv さん
ちょっと増え過ぎましたね。
どれかが淘汰されるのでしょうか。
by えがみ (2012-03-21 21:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

関連リンク