So-net無料ブログ作成
検索選択

Canon 600mm F5.6 DO の特許 [光学技術・レンズ設計]

キヤノン回折光学素子(DOE)を使った600mm F5.6800mm F5.6特許を出願中です。 DOEの配置を工夫することで、DOEの欠点だったフレアやゴーストの発生を低減したようです。 DOEを使えば小型軽量且つ高性能なレンズが出来るので是非とも製品化してほしいものですね。

Canon EF600mm F5.6DO USM

patent: 600mm f/5.6 DO

Canon EF800mm F5.6DO USM

patent: 800mm f/5.6 DO

特許文献、及び要約・自己解釈

  • 特許公開番号 2012-123152
    • 公開日 2012.6.28
    • 出願日 2010.12.8
  • 実施例1
    • 焦点距離 f=584.99mm
    • Fno. 5.80
    • 半画角 2.12 deg.
    • 像高 21.64mm
    • 全長 360.03mm
    • BF 94.84mm
    • レンズ構成 10群17枚
    • UDガラス 3枚
    • 蛍石 1枚
    • 回折面 1面
  • 実施例3
    • 焦点距離 f=779.00mm
    • Fno. 5.80
    • 半画角 1.59 deg.
    • 像高 21.64mm
    • 全長 462.02mm
    • BF 120.29mm
    • レンズ構成 10群17枚
    • UDガラス 2枚
    • 蛍石 2枚
    • 回折面 1面
  • 異常部分分散を持った低分散材料
    • 色収差の補正に効果がある
    • 比重が大きい(重い)
      • 蛍石 3.18
      • FK01 3.63
      • 異常部分分散の小さい硝材の比重
        • FK5 2.46
        • BK7 2.52
    • 表面が傷つき易い
    • FK01は大口径化すると温度変化によって割れ易い
  • 回折光学素子(DOE)
    • 色収差の補正に効果がある
    • 不要光によりフレアやゴーストが発生
  • キヤノンの特許
    • 正 DOE 負 から成る
    • 不要光が入射し難い位置にDOEを配置

600mm F5.6という選択肢

DOEを採用した現行品には EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USMEF400mm F4 DO IS USM がありますが、500mm以下は シグマ50-500等のそこそこ軽量なズームレンズ で得られてしまうので、有り難味に欠けます。

最後に発売されたDOレンズから年月が経過し、カメラのISO高感度も改善しているので、F5.6という明るさも今では実用的と言えますね。 特許の600mm F5.6はレンズ全長360.03mmなので、EOSのフランジバック44mmを引き、製品全長は316.03mm程度を見込める筈。 カメラバッグも小さなもので済みますね。

性能

performance
600mm 800mm
Canon EF600mm F5.6DO USM Canon EF800mm F5.6DO USM

左から球面収差、非点収差、歪曲、色収差。

色収差は確かによく補正されていますが、キヤノンの大口径超望遠単焦点レンズとして見るなら、まだまだ性能不十分です。 一定以上の金額になることは間違いなく、それで中途半端な製品を入手するよりは、更に多くの金額を積んで満足のいく製品を得たいものですね。 また、防振機構(IS)を前提としているかも不明なので、やはりまだ研究中なのかもしれません。

こうちゃん 追悼撮影会

でいぶ さんのBlogで、so-net blogのブロガーである「こうちゃん」の追悼撮影会のお知らせがあります。 残念ながら私は仕事なのですが、ご都合の良い方がいらっしゃいましたら、ご参加をお願いします。


nice!(27)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 27

コメント 8

まっちゃん

600mmがずいぶん小さくなるものですね。
小さなバッグには入りそうですが、小さな財布では手が出せなさそう。(^^;)

by まっちゃん (2012-07-12 13:32) 

hi-low

申請文献を読むと、DOEの光学系内配置はかなり制限されることが分かります。DOEは一般カメラ用レンズではなく、複写レンズや投影レンズなど、入射光が一定の条件で使用するレンズ向きの光学素子なのかもしれません。
by hi-low (2012-07-12 17:45) 

penny

やっぱり画質には拘って欲しいなあ
by penny (2012-07-12 20:04) 

ぱんだ@風の吹くまま

中古カメラ店で、500/4.5Lに見惚れてしまう時があります。
600/5.6は少し劣りますが、現行の400/5.6Lが256mmなので、
まあまあ我慢できる範囲内かと思いますね。

by ぱんだ@風の吹くまま (2012-07-13 10:10) 

大林 森

私の唯一のデジカメがキャノンですが、10年選手なのに未だに元気です。(ヽ´ω`)画質はもう携帯にさえ及びませんがかわいい奴です。
by 大林 森 (2012-07-13 15:48) 

えがみ

> まっちゃん さん
そこでペンタックスのDA 560mm F5.6ですよ!


> hi-low さん
仰るようプロジェクタ用なのであれば設計し易くなると思います。
最新テクノロジー(今となっては最新でもないか…)を使った写真撮影用レンズの設計を、エンジニア自身がやりたがっているのかもしれません。


> penny さん
製品化に際して決定的な最適化が行われるので心配不要ですよ。


> ぱんだ@風の吹くまま さん
ゴーヨンゴだと、ヨンニッパやロクヨンに次ぐサイズですからねぇ。
威勢堂々としています。

小型軽量という方面での実用性でF5.6シリーズは推せますよ。


> 大林 森 さん
おおぅ、10年ですか!
むしろその頃の方が、余分な機能が無くて、良いかもです。

by えがみ (2012-07-15 16:45) 

MDISATOH

キャノン、ニコンの超望遠レンズは非常に価格が高く、更にニコンはDOでないので重いので到底手に入れられるレンズでは有りません。
私が扱えるのは、328位で、収差が増えるのを覚悟でテレコンを使って撮影して居ます。プロでは無いので、この辺が限界と心得ます。
by MDISATOH (2012-07-27 01:28) 

えがみ

> MDISATOH さん
ニコンからも回折光学素子を使ったレンズが出ると良いですね。
開発中の800mm f/5.6も重そうです。

by えがみ (2012-07-27 21:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

関連リンク