So-net無料ブログ作成
検索選択

Canon 135mm F2.8 Apodization の特許 [光学技術・レンズ設計]

キヤノン135mm F2.8180mm F3.5の特許を出願中です。 電気駆動方式によって可変式のアポダイゼーション・フィルター(apodization filter)を実現し、美しいボケ味をコントロール出来るようです。

Canon EF135mm F2.8L Apodization USM

patent: 135mm f/2.8

Canon EF180mm F3.5L Apodization USM

patent: 180mm f/3.5

特許文献、及び要約・自己解釈

  • 特許公開番号 2012-128151
    • 公開日 2012.7.5
    • 出願日 2010.12.15
  • 実施例1
    • 焦点距離 f=135.0 - 137.2mm
    • Fno. 2.83 - 3.90
    • 半画各 9.1 deg.
    • 像高 21.60mm
    • レンズ全長 150.0 - 186.7mm
    • BF 47.4 - 80.7mm
    • レンズ構成 7群10枚
    • UDガラス 1枚
    • 最大撮影倍率 0.25倍
  • 実施例6
    • 焦点距離 f=180.0 - 179.1mm
    • Fno. 3.50 - 4.00
    • 半画各 6.9 deg.
    • 像高 21.60mm
    • レンズ全長 199.8 - 218.0mm
    • BF 70.0 - 89.8mm
    • レンズ構成 7群11枚
    • UDガラス 1枚
    • 最大撮影倍率 0.11倍
  • アウトフォーカス(Bokeh)の見え方は重要
  • アポダイゼーション・フィルター
    • 周辺部の透過率が低下するフィルター
    • 光束に強度分布を付加
    • Bokehの輪郭が美しくなる
  • 可変アポダイゼーション素子
    • 界面の形状が同じ屈折率の液体であれば、収差変動が生じない
    • 2つの液体の屈折力、アッベ数を同じにすることは難しい
  • キヤノンの特許
    • 形状可変素子
      • 電圧の印加により、界面の形状を変化させる
      • アポダイゼーション効果を得る
      • 屈折力、アッベ数を変化させる
    • 形状可変時の諸収差を低減する
      • 材料の工夫を行い、吸収係数を最適化することで、界面の曲率を緩やかし収差の発生を抑える
      • 2つの材料(液体等)の、色収差量を逆にし、打消しを行う
      • 2つの材料(液体等)の、屈折率、アッベ数の差を抑える
    • 全体繰り出し (フローティング付き)
electric apodization filter
electric apodization filter electric apodization filter electric apodization filter electric apodization filter

ミノルタ STFレンズ

今更説明不要ですが、アポダイゼーションはミノルタ135mm F2.8(T4.5) STFに使われていました。 その後コニカミノルタを経て、今ではソニー・ブランドで販売されおり、色褪せない人気ですね。

アポダイゼーションも可変式の素子も既知の技術ではありますが、キヤノンは収差変動の低減を行い、高性能化を図ったようです。 ミノルタの設計データが有って検証のし易かった135mmを引き合いに出しただけだと思いますが、135mmはポートレートとしては長めでAPS-Cで使うと用途がますます減るので、製品化の検討は35~90mmくらいで行ってほしいものですね。

performance
INF(曲率大) INF(曲率小) MOD(曲率大)
Canon EF135mm F2.8L Apodization USM Canon EF135mm F2.8L Apodization USM Canon EF135mm F2.8L Apodization USM

実施例1の135mmの場合。左から球面収差、非点収差、歪曲、倍率色収差。

次世代の硝材

ラジアル型屈折率分布素子屈折率分布レンズ電気光学素子、 そして回折光学素子キヤノン新しい硝材の特許出願が豊富です。 今直ぐに実用化というわけにはいかないと思いますが、いつの日か製品化が楽しみですね。

こうちゃん 追悼撮影会

でいぶ さんのBlogで、so-net blogのブロガーである「こうちゃん」の追悼撮影会のお知らせがあります。 残念ながら私は仕事なのですが、ご都合の良い方がいらっしゃいましたら、ご参加をお願いします。


nice!(28)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 28

コメント 8

ぷん

絞り開放時だけに効果は限定されますが、STFほどまんべんなくフィルタかけなくても、周辺部近傍だけ光量を落とす程度の簡易的な機構を組みこんだレンズがあってもよいんじゃないかなと個人的には思ったりします。

それだけでも劇的に見栄えは変わるでしょうし。
by ぷん (2012-07-14 08:28) 

rappi

STFを使っている人を羨ましく思っている一人です。
キヤノンからも将来発売されるなら、とても興味がある
レンズです。^^
by rappi (2012-07-14 16:05) 

良吉

 レンズの有効口径が変わることが無いのでf値と言うのかなと思いました。実質的な明るさを示すt値の使用が正しくないでしょうか。

 先月でしたが、銀座のニックさんが無くなっていることが分かったそうです。ニックさんと言うより銀座四丁目の交番で外人相手に道案内のボランティア活動をしていた人と言うと分かる人も居られるかも知れませんね。
 
 亡くなる前に差し上げた写真を撮ったことがあります。数寄屋橋の交番で痴呆のような老人が地図(?)を整理していたのを見かけたことがありますが、これが最後になりました。黙祷。

 相変わらずの脱線、申し訳ございません。

by 良吉 (2012-07-14 22:26) 

まっちゃん

Bokehが逆輸入されちゃってますね。^^
by まっちゃん (2012-07-15 09:09) 

でいぶさん

そう、135mm だとちょっと長いんですよね。
でも、EF マウントの STF って魅力的ですね。
実質F値のTナンバー、キヤノンでも使うのかな・・・

「こうちゃん追悼撮影会」の告知ありがとうございます。

by でいぶさん (2012-07-15 10:29) 

えがみ

> ぷん さん
メーカーは本格的なものを作りたく、ユーザーは本格的なものを望んでいるから、今のSTFなのかもしれません。
ただでさえ二番煎じなのに、簡易STFを出したら、二流としてしか認められない気がして…。


> rappi さん
STFの為にαを加えて良いと思っています。
ただ135mmはフルサイズでも少し長過ぎで…。


> 良吉 さん
NDフィルタを付ければT値は変わりますが、F値は変わりません。
TTLでAE働きますからユーザーは気にする必要ないですけど、併記が良い気がします。

Blogは死亡告知に使えそうな気がしてきました。
更新が途絶えたら、Blog主は既にこの世の住人ではないか、或いは何かの事件に巻き込まれたか。
交通事故等で更新出来ない場合も有り得ますから間際らしいですね。


> まっちゃん さん
ボケではなくBokehと書くとカッコイイ気がして(笑


> でいぶさん さん
F値をそのまま露出の計算に使う方もおりますので、T値は必ず使うべきでしょう。
Canon CN-EレンズはT値です。
by えがみ (2012-07-15 17:02) 

penny

不勉強で今ひとつ分かりませんが、ボケが美しくなるなら大賛成 ^^
by penny (2012-07-16 22:14) 

えがみ

> penny さん
ボケは正義ですよね。

by えがみ (2012-07-20 21:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

関連リンク