So-net無料ブログ作成
検索選択

Nikon リングフラッシュの特許 [機械設計・メカニズム機構]

ニコンがリングフラッシュの特許を出願中です。 カメラ本体のフラッシュ光を利用するタイプのリングフラッシュであり、ヒンジ等を利用して取り付けし易くしたようです。

それとボディジャケットの特許について。

リングフラッシュ
Nikon Ring Flash Nikon Ring Flash
非装着時 装着時

特許文献、及び要約・自己解釈

  • 特許公開番号 2012-185190
    • 公開日 2012.9.7
    • 出願日 2011.3.3
  • リングフラッシュ
  • 光入力部分を備える
    • カメラ本体の内蔵ストロボ等を利用する
    • 入力された光は、光ファイバを経由して、光出力部(リング状の拡散部材)へ出力される
  • 取り付けし易い
    • 光入力部分にヒンジを設けた
    • 光入力部分に弾性部材を設けた
    • 光出力部のカメラへの取り付けはバヨネット

リングフラッシュの省スペース化とコストダウン

Nikon Ring Flash

ヒンジが設けられている

リングフラッシュは発光部と本体が分かれていて、更にそれを繋ぐケーブルがありますから、意外に嵩張るんですよね。 しかも高価ですし、所有者は限られます。

そこでリング状の拡散板だけとし、カメラ本体のフラッシュを利用するアクセサリーの特許を過去に富士フイルムが出願していたようです(特開2004-117939)。 ニコンの特許はそれを発展させたもので、バヨネット、ヒンジ、弾性部材を設けることで取り付けし易くしたようです。 弾性部材はおそらくゴム等を想定していると思われ、カメラ本体のフラッシュ光が漏れてはいけませんから、しっかりと密着させるのでしょう。 弾性部材は装着する時に邪魔なので、ヒンジがあるわけですね。

拡散部材だけのリングフラッシュは既に製品化されており、Ray Flashがあります。 国内販売はナショナルフォート(国内輸入販売終了みたい)駒村商会がありますが、プロ向けということもあってか、意外に高価です。 P7700等のハイエンドCoolpixや、SB-N5を装着したNikon1 J1等のアクセサリとして用意されるなら、安価に提供してほしいものです。

価格だけならケンコー・トキナーが新たに発売したSOLUIS マクロリングフラッシュ KSR-EF10が定価18300(税別)で安いです。 価格を抑えられた理由は、カメラ本体のTTLと連動しないので、リバースエンジニアリング等の開発費が発生しない為でしょう。

マニュアルではなく、全てカメラ任せで撮りたいなら、LEDや蛍光灯といった定常光を利用するリングライトの方が良いかもしれませんね。

アクセサリーの特許を扱ったついで。 オリンパスPENを肩に掛けた方を街中でよく見掛けるようになりました。 大抵の方はボディケースの色等、アパレルとのマッチング性が良いですね。

ボディジャケットの特許
Olympus Body Jacket Olympus Body Jacket
Olympus Body Jacket Olympus Body Jacket
Olympus Body Jacket Olympus Body Jacket

特許文献、及び要約・自己解釈

  • 特許公開番号 2012-181388
    • 公開日 2012.9.20
    • 出願日 2011.3.2
  • 流行
    • カメラや携帯電話のオリジナル化
    • シールは貼り替えに手間がかかる
  • オリンパスの特許
    • 機器の周囲を一周するジャケット
    • 両端を連結する部材を設ける
連結部
Olympus Body Jacket Olympus Body Jacket Olympus Body Jacket

デザイン・ファッション性を重視

最近はカメラ用の貼り革キットが流行っていますね。 というか昔のカメラみたいに最初からシボ革外装にすればよいと思うのですけど。

オリンパスの特許は、人が服を替えるかのように、カメラの外装シールを貼り替えられるようにしたものです。 粘着性シールには抵抗のある方もいらっしゃるかと思いますが、これなら安心です。

製品としては、本革ボディジャケット CSCH-109が特許の構成に近いです。 但しCSCH-109は、安いので止むを得ないのですが、革が厚過ぎて、ジャケットを装着したイメージはファッショナブルとは言い難いです。 個人の好みによりますが、ファッション性を重視するなら、薄い革を採用し、カメラ本体との一体感があるジャケットが良いと思います。 勿論それはオリンパス自身がやる必要はなく、サードパーティーに任せておけばよいでしょう。


タグ:OLYMPUS NIKON Flash
nice!(28)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 28

コメント 7

鈴猫

こんにちは
初めてコメントさせて頂きます。
RayFlashと類似製品でO-Flashという製品が販売されています。
4,980円とかなり安価です。
http://item.rakuten.co.jp/digicameyouhin/c/0000000115/

但し、使った事はないので製品の品質がどうなのか判りませんが参考まで
by 鈴猫 (2012-10-01 13:00) 

えがみ

鈴猫さん、こんばんは。コメント有難うございます。

プロ機材.COMには定常光のリングライトだけでなく、リングフラッシュ式もありましたか。
電装部品が無いと、かなり価格を下げることが可能のようですね。

by えがみ (2012-10-02 00:20) 

血染羊毛

純正リングフラッシュは高いですね。
用途も限られてるので中々購入に踏み切れません。
by 血染羊毛 (2012-10-02 02:14) 

MKM

O-FLASHは、プロ機材.COMは、中国の深圳の業者から仕入れて販売しているだけで、プロ機材.COMで企画したものではありません。ハンファ・ジャパンのサイトでは、同一のものを2480円で販売してます。深圳では200元ですので、ほぼ現地と同等の価格ですね。
http://www.umazone.jp/GOODSLIST-25?P=11
それから、O-Flashは、RayFlashのRing adapterの模倣品ですが、初期型は元祖のRayFlashと同じ、リング型をしてましたが、RayFlashの特許を侵害しており、RayFlashの抗議を受けて、U字型に改悪して特許侵害を回避したといういわく付の製品です。U字型にしたことで、配光性は悪化してますので、初期型の半値以下の価格に改定されました。
しかしながら、初期型の丸パクリ品でも配光特性は元祖のRayFlashより悪く、ストロボの発光の減衰率も大きかったです。
瞳にリング状のキャッチライトをいれるのは、直径25cmのRayFlashでも広角でかなり寄って撮らないとはっきりとリング状がわかるようにはならないですね。これは、モノブロックストロボに100cmのアンブレラを使っても、2mも離れるとキャチライトの大きさとしては大したことがないことからお分かりいただけると思います。
因みに当方が撮影したRayFlashの作例です。
http://nikon.geo.jp/photo/img/orig/nikonup_1481.jpg

高価でもRayFlashを購入しました。といっても、B&Hからの海外通販ですが。ともかく、知的財産権を不法に侵害する企業の製品を買うことは、財布にはやさしくても倫理的には良くないことは当然ですから。
by MKM (2012-10-03 00:35) 

えがみ

> 血染羊毛 さん
買うユーザーが元から限られ、ますます価格が跳ね上がる悪循環かもしれません。


> MKM さん
よく確認もせず、大変失礼致しました。
プロ機材.COMは中華等からの輸入も結構多いのですよね。
詳しい事情をご教示頂き誠に有難うございます。

このU形状ですと安物買いの銭食いになってしまいそうです。

by えがみ (2012-10-04 00:42) 

コリンママ

PENとケース、
それからショルダーストラップやハンディストラップを交換しながら
色々な場面に違和感なくカメラを持ち歩く楽しみが出てきました!
前にEOS1を持っていた頃は
「雑誌の取材ですか?」
と声を掛けられることが多くてどこか緊張していましたが
その呪縛もなくなって(?)楽しいです。
by コリンママ (2012-10-05 03:29) 

えがみ

> コリンママ さん
これからはPENを持っていると「プロの方ですか」と聞かれることに … ならないか。

by えがみ (2012-10-08 02:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

関連リンク