So-net無料ブログ作成
検索選択

Nikon カメラを放り投げた時に様々な角度からの撮影を行う特許 [画像処理・ソフトウェア技術]

ニコンが、カメラを上空へ放り投げた時、様々な角度からの撮影を自動で行ってくれる技術に関する特許を出願中です。 従来はセルフタイマーや連写モード等、運任せの撮影技法でしたが、この機能が付けば誰でも簡単に面白い写真を撮れそうですね。

Nikon 投擲撮影

特許文献、及び要約・自己解釈

  • 特許公開番号 2012-189859
    • 公開日 2012.10.4
    • 出願日 2011.3.11
  • 投擲撮影モードを備える
    • このモードの時、ユーザー操作による撮影やズームは不可
  • 投擲によって、撮影と、カメラの保護動作を行う
    • 保護動作とは、レンズ鏡筒の沈胴とレンズバリアの閉鎖
  • 加速度センサー
    • 保護動作を開始する時間を割り出すことが可能
  • ユーザーがカメラを把持しているかの検出を行う
  • 沈胴式レンズ、レンズバリア、フラッシュを備える

Nikon1の考え方

特許の請求項は、投擲撮影を行った時にカメラを破壊させない為の工夫であって、投擲撮影そのものではありません。 沈胴式レンズは収納した時の方が耐衝撃性に優れるので、それを利用したものです。

ところでこの投擲撮影(放り投げた時に撮影)は、Nikon1の考え方と似ています。 今までは投擲撮影を運任せで行うことしか出来ませんでしたし、動画を使ったとしても最適な1コマを抜き出すのは面倒です。 Nikon1のスマートフォトセレクターならば、60枚連写撮影した内、成功写真を5枚ピックアップしてくれます。 60枚1秒間では足りないので、何らかの工夫が必要ですが、Nikon1にこのモードが付いたら面白そうですね。

仮に機能としてCoolpixNikon1に実装されても、 人通りの多い場所では危ないですし、 カメラ本体はそれなりの衝撃を受けるわけなので、 実装しないことが企業としての倫理かもしれませんね。 ユーザーとしては Throwable Panoramic Ball Camera のような特殊なカメラを用意するか、自己責任で従来式の投擲撮影を行った方が良いでしょう。

Nikon1を挙げたついで

J1の価格がかなり下がっていますね。

非常に気になる今日この頃でしたが、元々統一出来ていないカラーバランス(メーカー毎の絵作り)とアスペクト比をどうしようかと思いました。 例えばメインカメラとサブカメラで撮影を行ってBlog等に公開した場合、撮影シーン毎に色合い等が変わるのは、見栄えの良いものではないでしょう。 この問題を解決するには、同時に複数台のカメラを使わない、同じメーカーで統一する、カメラの設定を頑張って調整する、RAW現像の調整に手間かける等の方法があります。 ニコンの一眼レフをお使いの方にNikon1を推奨出来ることは言わずもがなです。

あるカメラを買う時、価格や機能ではなく、そのメーカーの絵作りが好きだから、という理由が選択理由になることもあるかと思います。

私の場合、主力機だけは好みの絵作りであることを死守しますが、それ以外は適当です。 2008年にμ4/3が登場した時「これでDSLRとミラーレス(μ4/3)とコンデジの組み合わせで、アスペクト比だけなら4:3で統一が出来る」と一瞬思いました。 が、アスペクト比よりも不揃いの色合いの方が問題です。

メインとサブカメラは同じ絵作り、マウントアダプタ遊び用は不問(レンズのCCIがバラバラな為、統一は無意味)、コンデジは携帯用の為、不問。 これを基本方針として、システムを再構築したいものです。

巷ではローパスレスやローパスキャンセルが話題になっていますが、解像感は縮小処理によってごまかせます。 しかし、色だけはごまかせませんし、BlogやSNSへの投稿サイズならその傾向が顕著です。 メーカーには画素数や解像感・安売りアピールではなく 「うちはこういう絵作りをしているんだ。この色合いが欲しいなら、うちのカメラを買ってくれ。」 という態度で宣伝に臨んで欲しいものですね。


タグ:NIKON nikon1
nice!(26)  コメント(10)  トラックバック(2) 

nice! 26

コメント 10

maki

これは面白いアイディアですね!!
ニコンは楽しそうなことを考えましたね。
by maki (2012-10-15 07:54) 

(^・^) かるがもオフィシャルブログ管理人

はじめまして
海外ドラマCSI科学捜査班やスパイ映画に出てきそうなカメラですね。
原発事故のように人間が入れない所でも中に転がせば活躍しそうです。
売り込みを考えているのか、どこかから開発依頼?

個人的には火星探査もですが、防水仕様にしてカモの群れに放り込んでみたいと思います(笑)
by (^・^) かるがもオフィシャルブログ管理人 (2012-10-15 08:29) 

8

こういう撮影を楽しむ人もいるならありな技術ですね。

今のところ、私には不要な技術ですが。
by 8 (2012-10-15 21:20) 

ぱぱくま

面白そうですね!アングル次第で写真も生まれ変わりますからね♪
by ぱぱくま (2012-10-15 21:23) 

patzi

多分変な言葉で投稿するため申し訳ありませんが、私はドイツのニュースのページを経由してここでプッシュされたし、本当にどんな日本語を書くことができませんので、私は翻訳に使用。

これは、このカメラのボールの従来技術のように思える:
http://jonaspfeil.de/ballcamera
それは、少なくとも最高点で捕獲に関する従来技術である必要があります。

挨拶patzi
by patzi (2012-10-16 17:02) 

しばちゃん2cv

デジカメを投げて撮影する方法は、僕も考えていましたが、Nikonに先を越されてしまいました
by しばちゃん2cv (2012-10-16 21:55) 

コリンママ

投げてしまうなんて!?すごい発想です。
放物線を見ただけでもドキドキゾクゾクします〜(><)
by コリンママ (2012-10-19 00:16) 

ぱんだ@風の吹くまま

余談にレスしてすみません。

絵作りって大事ですよね。
いまだにコダックブルーに拘る人がいますが、
それは素敵な拘りだな、と、
最新機種に流されがちな私は、
自らの不明を恥じるのです。(^_^;)
by ぱんだ@風の吹くまま (2012-10-19 02:02) 

えがみ

> makiさん
面白いですが使いどころが難しいです!


> (^・^) かるがもオフィシャルブログ管理人 さん
初めまして、お返事が遅れて申し訳ありません。
カモは人を警戒しますよね。
自動で撮影してくれると重宝しそうです。


> 8 さん
初めまして、コメント有難うございます。
世の中には様々なニーズがあるので、多方面から考える必要があるのでしょう。


> ぱぱくま さん
今まで背伸びや釣竿、脚立を使っていたシーンでも使えそうですね。
数十cmだけ放り投げれば良いので。

by えがみ (2012-10-23 01:02) 

えがみ

> patzi さん
Guten Abend, Herr patzi.
Vielen Dank fur die Nachricht.


> しばちゃん2cv さん
惜しい! 特許を先に出願しておけば!


> コリンママ さん
因みに投げるのは先行の出願であって、ニコンのクレーム内容は保護技術です(^^;


> ぱんだ@風の吹くまま さん
コメント有難うございます。
コダックブルーは見聞きしただけなのですが、彼らの想い入れは伝わってきますね。

換言すると彼らは私等は、前へ進めないとも(汗

by えがみ (2012-10-23 01:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 2

2012年10月に追加したお気に入り記事まとめ(Web制作/ネタ)(すしぱくweb|susi-paku <楽しければいいのです) 2012-10-31 03:50)

ユニクロから販売中のヒートテックという肌着の温かさは異常でして、この季節に突入すると上下装備は日常的になります。長袖Vネックとモモヒキ(スパッツ)は鉄板なわけですが、たまに洗濯の関係でローテーションから外れる日があるんですね。普通のTシャツにパーカーで過ごすだけの簡単なお仕事なんですが、…[続く]

ニコンが投撮カメラの特許(エンジニアの嗜み)(YOUのデジタルマニアックス dmaniax.com 2012-10-16 11:19)

ニコンがカメラを投げた時に撮影出来るようにするという面白い特許を出願しているようです...

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

関連リンク