So-net無料ブログ作成
検索選択

Olympus ティルトレンズの画質劣化を補正する特許 [画像処理・ソフトウェア技術]

オリンパスがティルトレンズの画質劣化を補正する特許を出願中です。 あおり機能のあるレンズを使い、ティルトやスイングを行って光軸を傾けると、レンズによっては色ずれが発生します。 ティルトシフトレンズをラインナップするのであれば、こうした補正技術も必須ですね。

Mamiya Auto-Bellows N

Tilt-Shift Bellows

※鋭い方なら、次回の記事の内容を察してしまうんじゃないかと…

特許文献、及び要約・自己解釈

  • 特許公開番号 2012-199834
    • 公開日 2012.10.18
    • 出願日 2011.3.22
  • 光軸を傾斜させると収差の影響で画質が劣化する
  • オリンパスの特許
    • ティルトレンズ
    • 変位量(ティルト量)を検出
      • 変位量に応じて、画像を色毎に移動し、色ずれを補正する
    • 光線の入射領域を検出
      • 合焦領域とする
patent
focusing tilt
Olympus Tilt-Shift Lens Olympus Tilt-Shift Lens
Olympus Tilt-Shift Lens Olympus Tilt-Shift Lens

ティルトレンズの無いメーカーはカメラメーカーに非ず

ティルトレンズの目的はパンフォーカスやミニチュアライズ等、色々あります。 カタログにティルトレンズ等の特殊レンズが載っていると憧れますね。 買う買わないに関わらず、ユーザーに「いつか買って、こんな写真を撮ってみたい」を思わせることも、カメラメーカーの務めです。 とはいえ売れないレンズをカタログに載せることは大変ですから仕方が無いでしょう。

今回の記事の関連特許は数ヶ月前から公開され続けており、ティルトレンズの諸問題に対応する内容となっています。 トイレンズなら光軸を傾けるだけのティルトレンズで許されますが、カメラメーカーのティルトレンズなら、ティルト時に発生する画質劣化を解決してから発売しないといけませんね。

パンフォーカス

どちらかというと私は、背景Bokehを大きくすることよりも、如何にしてパンフォーカスを得るかということに苦心しています。 ただ、あおり機能の付いたベローズは嵩張るのが欠点で、持ち出しが億劫になってしまいます。 やはりTSレンズが欲しいところ。

純正だとラインナップにSchneider PC-TS 120mm F5.6がありますが、寄れないのと、D600+PC-E85mm F2.8やEOS6D+TS-E90mm F2.8よりも高いので躊躇しています。 他のメーカーもティルトレンズを充実させて、選択肢を増やしてほしいものですね。


nice!(27)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 27

コメント 2

MDISATOH

えがみさんお早うございます!ティルトレンズは一つは欲しいと思いながら、高価で手を出しておりません。
購入するとしたらPC-E NIKKOR 24mm f/3.5D EDが欲しいですが、
価格が30万とは考えて仕舞います。
by MDISATOH (2012-10-23 06:57) 

えがみ

> MDISATOH さん
機構が複雑で、しかも売れないと、高価になってしまいますね。
価格を優先するユーザーはレンズベビーやティルト付マウントアダプタに流れるでしょうから、手頃なティルトレンズも出し難いですね。

by えがみ (2012-10-23 22:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

関連リンク