So-net無料ブログ作成
検索選択

Canon 12-28mm F2-3.2(4/3")の特許 [光学技術・レンズ設計]

キヤノンが14-28mm F1.8-2.8、12-28mm F2-3.2、14-28mm F1.4-2.4の特許を出願中です。 4/3"の撮像素子に対応し、35mm判換算28-56mm、或いは24-56mm相当のズームレンズとなります。 4/3"の撮像素子を使いながらも、μ4/3には対応させずレンズ一体型とすれば、性能・大きさのバランスに秀でたカメラを実現出来そうですね。

2012_226042_fig05.png

patent: 12-28mm f/2-3.2

2012_226042_fig07.png

patent: 14-28mm f/1.4-2.4

特許文献、及び要約・自己解釈

  • 特許公開番号 2012-226042
    • 公開日 2012.11.15
    • 出願日 2011.4.18
  • 実施例1
    • ズーム比 2.37
    • 焦点距離 f=14.20 - 33.60 - 28.74mm
    • Fno.= 1.80 - 3.30 - 2.93
    • 半画角 ω=37.13 - 17.74 - 20.51deg.
    • 像高 10.75mm
    • レンズ全長 77.26 - 77.74 - 75.24mm
    • BF 1.46mm
    • レンズ構成 10群11枚
    • 非球面 4面3枚
  • 実施例3
    • ズーム比 2.72
    • 焦点距離 f=12.36 - 33.60 - 28.53mm
    • Fno.= 2.06 - 3.60 - 3.26
    • 半画角 ω=41.01 - 17.74 - 20.65deg.
    • 像高 10.75mm
    • レンズ全長 82.03 - 82.29 - 79.22mm
    • BF 1.21mm
    • レンズ構成 8群8枚
    • 非球面 7面4枚
  • 実施例4
    • ズーム比 2.37
    • 焦点距離 f=14.20 - 33.60 - 28.74mm
    • Fno.= 1.40 - 2.71 - 2.39
    • 半画角 ω=37.13 - 17.74 - 20.51deg.
    • 像高 10.75mm
    • レンズ全長 79.63 - 80.53 - 77.94mm
    • BF 1.51mm
    • レンズ構成 9群10枚
    • 非球面 4面3枚

必要な画角と最小最軽量

Panasonic LX3は1/1.63"の撮像素子で、5.1-12.8mm F2-2.8(換算24-60mm)です。 Fujifilm Natura Classicaはフルサイズで、28-56mm F2.8-5.4(換算28-56mm)です。 そして特許は、換算28-56mmや24-56mmとなります。 ズーム率を無理に上げるよりも使用頻度の高い画角域に特化させた方が良いですね。

4/3"とレンズ非交換

もし4/3"の撮像素子を使ったコンデジが登場したら波紋を呼ぶでしょう。 キヤノンの出願にはレンズ交換用とは思えない18-45mm F3.5-5.6の特許もあるので、RX100カテゴリ(1"以上の撮像素子、レンズ非交換)を重要視しているのかもしれませんね。

  • RX100カテゴリに選択肢が増える
  • μ4/3のコンデジに対するメリット(画質、レンズ交換)が、レンズ交換だけになる
  • キヤノンのミラーレスEOS-M(APS-C)に対する下克上は無し

しかし特許のレンズでコンデジを作った場合、ポケットに入れるには少々大きい気もしますね。 因みに実施例1ではバックフォーカスが1.46mmですが、これはIRCFやOLPFから撮像素子までの距離で、我々ユーザーが想像するバックフォーカスはもう少し長いです(μ4/3に使うのは無理だと思います)。

性能

performance
wide tele
12-28mm F2-3.2 2012_226042_fig06a.png 2012_226042_fig06b.png
14-28mm F1.4-2.4 2012_226042_fig08a.png 2012_226042_fig08b.png

左から、球面収差、非点収差、歪曲、倍率色収差

コンデジ(1/1.7"や1/2.3"等)の光学系をスケールアップしたような設計で相当な無理が散見されます。 四隅の非点収差は目も当てられないですね。 歪曲は12-28mm F2-3.2が14%、14-28mm F1.4-2.4が21%なので、ソフト補正すると、画質の劣化も相当なものになるでしょう。 とはいえ球面収差、非点収差ともに大体±0.1mmに収まっていて一般用途では画質に困らないと思われるので、撮像素子の素性に間違いが無ければ、販売数は相当なものになるでしょうね。


nice!(24)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 24

コメント 3

maki

RX100カテゴリのコンパクト・・欲しい♪
本家のRX100は、シャッターボタンの半押し感が浅すぎて僕の使い方に合わないんですよね。
by maki (2012-11-18 08:42) 

ポロ&ダハ

コンデジ程度の収差補正ですね。
絞らなければ使い物にならないんだったら、もう少し暗くしてでも画質を良くすれば良いという気もしますね。
by ポロ&ダハ (2012-11-18 22:26) 

えがみ

> makiさん
う~む、タッチが軽いですか…。
調整出来ると良いのですけど。


> ポロ&ダハ さん
明るいレンズは興味を引きますからね。
重要なのはバランスですが、高性能な暗いレンズと、低性能な明るいレンズでは、明るい方に分があるのでしょう。

by えがみ (2012-11-26 00:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

関連リンク