So-net無料ブログ作成
検索選択

Nikon 暗所でレンズ交換可能な特許 [機械設計・メカニズム機構]

ニコンが暗闇であってもレンズ交換を可能とする特許を出願中です。 光路が、カメラ内の光源からマウントを経由しレンズ鏡筒の指標まで設けられているので、 レンズ鏡筒の指標の点灯によって、適切な角度で装着されているか確認出来るようです。 僅かな光量で済みますので、消費電力の発生を最低限に抑えているようです。

Nikon LED Mount

レンズを適切な角度で装着すると、レンズ鏡筒の指標が点灯し、暗所でもレンズ交換が可能

特許文献の説明・自己解釈

  • 特許公開番号 2013-57757
    • 公開日 2013.3.28
    • 出願日 2011.9.7
  • ニコンの特許
    • マウントを有するレンズ交換式カメラシステム
    • カメラは、光源と、光源からマウント面まで伸びる光路を有する
    • レンズは、マウント面から指標まで伸びる光路を有する
    • レンズ側の指標から光源を確認可能
      • レンズをマウントに真っ直ぐはめた時
      • レンズを回して、固定した時
    • 暗所でもレンズ交換し易い

ニッコールの絞り環には、大小2種類のF値があった

ニコンの特許は、カメラ内にLED等の光源を持たせ、その光が光ファイバー等の管を通るので、レンズ側の指標で確認出来るというものです。 今のニコンは費用対効果の低いことやらないでしょう。 販促品にニコンのロゴが入ったLEDライトを用意する位ですね。

ニコンはGタイプのレンズで絞り環を廃しましたが、Dタイプ以前では絞り環が設けられており、しかも大小2種類のF値が刻ま(プリントさ)れていたのです。 何故2種類あったのかというと、ファインダーに小さな覗き穴が設けられていて、 ファインダーを覗いている状態で、絞り環の物理的な位置を確認する為でした。

カニ爪が影になって非常に見難いものでしたが、メカ的ないし光学的に実現した試みは面白くもあり、個人的には非常に気に入っていました。

二重の電子接点

2013_57757_fig01.png

特許文献の説明・自己解釈

  • 特許公開番号 2013-58840
    • 公開日 2013.3.28
    • 出願日 2011.9.7
  • 物理的な接触は、接点の腐食による酸化や磨耗が、接触不良を引き起こす
  • マウントに第2接続部を有する

こちらは電子接点の組を2基構成にして、通信不良を軽減するもの。 近距離無線等、物理的な接触をなくした方がスマートではありますが、やはり有線の方が信頼出来るのでしょう。 電子接点を増やす理由は機能の拡張であって欲しいものですね。


タグ:NIKON Mount
nice!(22)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 22

コメント 4

hi-low

この特許は、手袋をして感触がはっきりしない状態でレンズ交換する際にも便利でしょうね。
ニコンの絞り値覗き穴は表示が動くのが面白くて、必要もないのについ動かしていました。Nikomat FTN では見えるのがシャッター速度で、直ぐにはカメラが使えなかった覚えがあります。同様に、オリンパス OM-1 も戸惑いました…。

by hi-low (2013-04-03 12:43) 

のり

ブツ撮りなど強力な光源が近くにある状況では漏光の元となりそうで
それを防ぐための機構を設けるとしても歓迎できかねます
by のり (2013-04-03 22:39) 

RAVEN

かつて絞り環上の小さい絞り値をファインダーで確認するための小窓がありましたが、あの位置に数秒間点灯するLEDがあれば、それでも事足りる感じがします。
レンズ着脱ボタンをスイッチにして。
もちろんニコンのカメラは戦場などで使う人もいるので、OFFにする設定をニコンが準備しないとは思えませんが。

今回の特許では、レンズが正規の位置で固定されないことを防ぐためのものなのでしょうね。
私もちゃんと固定されたかどうか不安になって、再度レンズを回して「カチッ」という感触を確認することはあります。
そろそろカメラが「レンズが正しく装着されていません」と教えてくれるような時代になるかもしれませんね。

昔のレンズは絞り環があって取り付け位置の中心が判別しやすかったのですが、最新のレンズは白丸の指標があるだけなので、暗闇ではそもそも、どことどこを合わせたらよいのか苦しむことがあります。
それを防ぐにはレンズをどう持って、どうカメラに取り付けるかの角度を身体にしみこませておく必要があるのですが、カメラが三脚に乗るなど、ちょっと条件が変わると適用できない時もあります。
まあ、暗闇でレンズを交換するくらいの時は、カメラバッグの中を照らすヘッドランプもあった方が良いので、結局は「ライトを常備しておくべき」という結論に至ってしまうのですが、、、、、
by RAVEN (2013-04-04 12:08) 

えがみ

> hi-low さん
メーカーを問わず、そのカメラを直ぐに使えるのは、ある程度の操作性が統一されているからなんですよね。
独特な操作性はちと困り物です。

レンズの形状を分かり易いものにすればこの特許は不要と思っていましたが、手袋ですと確かにこの特許が必要になりそうです。


> のり さん
コメント有難うございます。
確かに誤判断してしまいそうですが、他に光源があればそれを頼りにレンズ交換すれば良いので、ON/OFF出来ると良いと思います。


> RAVEN さん
やはりユーザーが自己責任で、ということになってしまうのでしょうか。

軍艦部の液晶を点灯させる為のLEDの光を回せば、使えそうです。光ファイバーを組み込むだけで済みます。
何処かのレンズ交換式カメラは、はめこみを少しずらしてやると丁度「正しく装着されていません」と出るので、確認処理を行っていると思います。

by えがみ (2013-04-05 01:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

関連リンク