So-net無料ブログ作成
検索選択

KonicaMinolta 8-17mm F2.8 (4/3")の特許 [光学技術・レンズ設計]

コニカミノルタ8-17mm F2.8特許を出願中です。 4/3型の撮像素子に対応する換算16-35mm相当の広角ズームレンズです。

KonicaMinolta 8-17mm F2.8

patent embodiment1: 8-17mm f/2.8 (4/3")

特許文献の説明・自己解釈

  • 特許公開番号 2013-156477
    • 公開日 2013.8.15
    • 出願日 2012.1.31
  • 実施例1
    • ズーム比 2.12
    • 焦点距離 f=8.22 - 11.99 - 17.42mm
    • 画角 2ω=105.45 - 84.01 - 63.60°
    • BF 15.01mm
    • 全長 100.08 - 95.84 - 99.05mm
    • Fno. 2.9
    • 像高 Y=10.90mm
    • レンズ構成 11群16枚
    • 非球面 5面3枚
    • EDガラス 2枚
  • コニカミノルタの特許
    • 負正負正負正の6群ズーム
    • インナーフォーカス (第5群)
    • フォーカス群を軽量化し、動画に対応
    • バックフォーカスを短くしつつテレセントリック性を確保

お盆前に仕事を終わらすとカッコいいこと言いましたが、実は終わらせずに休んでいました。

コニカミノルタの特許

特許の内容は、大口径広角ズームで画質と動画対応等を実現する為の最適値です。 性能は中心から四隅に至るまで凄く良さそうなのですが、広角側で-11%の歪曲があるので、ソフト補正によって解像が落ちるかもしれません。

performance
Inf Mod
KonicaMinolta 8-17mm F2.8 KonicaMinolta 8-17mm F2.8

左から順に、球面収差、非点収差、歪曲。上から順に広角、中間、望遠。

大三元の揃ったマイクロフォーサーズ

申請中の特許がM4/3用なのか不明ですが、もしそうだとすれば、大三元ズームが揃うことになります。 無印4/3は静止画撮影の一眼レフ用レンズということもあって、オリンパスが大三元ズーム(広角ズームはF4.0でしたが)をラインナップしていました。 M4/3は動画も考慮する必要があるので、ビデオカメラ用レンズを昔から手掛けているパナソニックコニカミノルタが率先して大三元ズームを拡充しても不思議ではないですね。

メーカーにやる気のあることが条件ですが、NEXNikon1等のマウントも、いつの日か大三元ズームが登場するのかもしれません。


nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 21

コメント 2

FT

歪曲が-11%!とびっくりしましたが、M.ZD 9-18mmやLUMIX G 7-14mmもそれらしい特許を探してみると、どうやら広角端では同じく-10%程度あるようで二度びっくりしてしまいました。

M.ZD 9-18は実際に使っていますが、多少絞れば周辺まで特に問題なく写っていると思っていたんですが……。
by FT (2013-08-21 23:15) 

えがみ

ソフト補正に頼らないで設計したら、どの位の大きさになるのか見てみたいものですね。
フルサイズの広角ズームをスケールダウンすれば済む話と思っていましたが、最近は解放でも高性能が求められているみたいですから…
by えがみ (2013-08-27 21:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

関連リンク