So-net無料ブログ作成
検索選択

Canon 18-300mm F3.5-5.6 の特許 [光学技術・レンズ設計]

キヤノン18-270mm18-300mm18-200mmmm16-240mmmm16-200mmmm F3.5-5.6特許を出願中です。 18-300mmをラインナップしているのは現状ニコンのみですが、キヤノンも同様のレンズを開発中なのかもしれませんね。

Canon EF-S 18-270mm F3.5-5.6 IS STM

patent embodiment1: 18-270mm f/3.5-5.6

Canon EF-S 18-300mm F3.5-5.6 IS STM

patent embodiment2: 18-300mm f/3.5-5.6

特許文献の説明・自己解釈

  • 特許公開番号 2013-190453
    • 公開日 2013.9.26
    • 出願日 2012.3.12
  • 実施例
    embodiment
    No. 焦点距離 Fno. 半画角 レンズ構成 非球面 UDガラス
    1 18.75 - 59.52 - 270.67 3.18 - 4.69 - 5.88 36.08 - 12.93 - 2.89 14群19枚 3面3枚 3枚
    3 18.67 - 54.99 - 299.50 3.39 - 4.79 - 5.88 36.18 - 13.95 - 2.61 16群21枚 4面4枚 3枚
    4 18.54 - 49.15 - 194.16 3.22 - 4.22 - 5.66 36.36 - 15.52 - 4.02 11群18枚 2面2枚 3枚
    6 16.53 - 54.38 - 237.95 3.42 - 4.72 - 5.88 39.56 - 14.10 - 3.29 13群18枚 4面4枚 2枚
    7 16.81 - 47.39 - 194.13 3.32 - 4.46 - 5.66 39.07 - 16.07 - 4.02 12群17枚 2面2枚 2枚
  • キヤノンの特許
    • 正負正負正負の6群ズーム
    • リアフォーカス
performance
patent embodiment1 patent embodiment2
Wide Canon EF-S 18-270mm F3.5-5.6 IS STM Canon EF-S 18-300mm F3.5-5.6 IS STM
Tele Canon EF-S 18-270mm F3.5-5.6 IS STM Canon EF-S 18-300mm F3.5-5.6 IS STM

左から順に、球面収差、非点収差、歪曲、倍率色収差。

次世代機の標準ズームレンズ

私が屋外で見掛けるレンズは、キットの標準ズームと高倍率ズームばかりです。 一番売れているレンズはEF50mm F1.8IIだと思いますが、APS-Cだと中望遠ということもあるのか、あまり見掛けません。

キットで購入すると安くなるということもあり、キットのレンズは何か、ということを気にしておられる方も少なくありません。 ニコンだと18-300mmが付いてきますが、キヤノンにはそれが無い。 それだけの理由でニコンを選ばれては困りますから、高倍率ズームは手を抜けませんね。

キヤノンの以前の特許申請は18-270mmでしたが、ニコン18-300mm F3.5-5.6を特許申請し発売済み、タムロン18-300mm F3.5-6.3を特許申請中です。 18-270mmは今更感があります。 申請中の特許はIS(防振機構)が検討されてないので、遠くない未来にIS付きの特許申請が公開されるのでしょう。


nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 25

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

関連リンク