So-net無料ブログ作成
検索選択

Canon 16-120mm F3.5-5.6の特許 [光学技術・レンズ設計]

キヤノン18-55mm F3.5-5.618-200mm F3.5-6.316-120mm F3.5-5.6特許を出願中です。 実施例のレンズは、APS-Cミラーレスに対応する高倍率ズームレンズです。 EOS-Mに対応するEF-Mレンズは少しずつ増えていくのでしょう。

EF-M 18-55mm F3.5-5.6 IS STM

patent embodiment1: 18-55mm F3.5-5.6 IS STM

EF-M 18-200mm F3.5-6.3 IS STM

patent embodiment3: 18-200mm F3.5-6.3 IS STM

EF-M 16-120mm F3.5-5.6 IS STM

patent embodiment4: 16-120mm F3.5-5.6 IS STM

特許文献の説明・自己解釈

  • 特許公開番号 2013-257507
    • 公開日 2013.12.26
    • 出願日 2012.6.14
  • 実施例1
    • ズーム比 2.87
    • 焦点距離 f=18.58 - 27.82 - 53.36mm
    • Fno. 3.60 - 4.27 - 5.69
    • 半画角 ω=36.33 - 26.15 - 14.36°
    • 像高 Y=13.66mm
    • レンズ全長 78.22 - 86.23 - 104.79mm
    • BF 0.50mm
    • レンズ構成 11群13枚
    • 非球面 4面3枚
  • 実施例3
    • ズーム比 10.39
    • 焦点距離 f=18.60 - 60.12 - 193.23mm
    • Fno. 3.55 - 5.59 - 6.60
    • 半画角 ω=36.29 - 12.80 - 4.04°
    • 像高 Y=13.66mm
    • レンズ全長 118.58 - 151.48 - 184.39mm
    • BF 0.50mm
    • レンズ構成 14群18枚
    • 非球面 3面3枚
    • UDガラス 1枚
  • 実施例4
    • ズーム比 7.14
    • 焦点距離 16.48 - 51.87 - 117.70mm
    • Fno. 3.60 - 5.30 - 5.88
    • 半画角 ω=39.65 - 14.75 - 6.62°
    • 像高 Y=13.66mm
    • レンズ全長 114.75 - 138.55 - 162.35mm
    • BF 0.50mm
    • レンズ構成 13群17枚
    • 非球面 2面2枚
    • UDガラス 1枚
  • キヤノンの特許
    • 防振
    • インナーフォーカス

キヤノンの特許

特許公報の実施例にはバックフォーカスが0.50mmとありますが、これはOLPFから撮像面までの長さです。 実施例1はEF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMと、レンズ構成や非球面の枚数、フォーカス群、ISユニットの位置が一致しています。

performance
18-55mm F3.5-5.6 18-200mm F3.5-6.3 16-120mm F3.5-5.6
EF-M 18-55mm F3.5-5.6 IS STM EF-M 18-200mm F3.5-6.3 IS STM EF-M 16-120mm F3.5-5.6 IS STM

左から順に球面収差、非点収差、歪曲、倍率色収差。上から順に広角側、中間、望遠側。

テレ側F5.6の縛りから解放された

今まで、一眼レフ用のAFレンズはテレ側を暗くてもF5.6までとし、光束を拾い易いようにしてありました。 コニカミノルタ AF APO TELE ZOOM 100-400mm F4.5-6.7等の例外はありますが、純正は基本的にF5.6までで、それより暗いレンズはサードパーティーのみでしたね。

ミラーレスのコントラストAFですとその縛りがなく、純正であっても暗いレンズをよく見掛けるようになりました。 最近ではキヤノンニコンが一部機種でF8対応の位相差AFを実現していますし、また、像面位相差AFもF6.3等、拾える光束に余裕があるようですね。

ファストハイブリッドAFに対応 ※ レンズの本体ソフトウェアアップデートをしていただくことでファストハイブリッドAFがお使いいただけるようになります

E18-200mm F3.5-6.3 OSS

特許申請の実施例3は18-200mm F3.5-6.3で、ソニーとほぼ同じスペックです。 今後は純正・サードパーティーを問わず、F6.3やそれより暗いF値まで攻め、従来では実現の難しかったズーム域や小型化を施したレンズが登場するのかもしれません。


nice!(26)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 26

コメント 3

まっちゃん

それぞれのレンズ群がこれだけ独自の動きをするんじゃズームリングが重くならないんですかね。
電動になるんでしょうか。

by まっちゃん (2013-12-29 20:34) 

starwars

CanonがEOS-M2にデュアルピクセルAFをのせなかった
のには、ちょっとがっかり。でもEF-Mレンズは充実させて
いくんですね。
by starwars (2013-12-29 21:47) 

えがみ

> まっちゃん さん
カム溝も干渉しないかと心配です。
仰る通り電動ズームになり、太い鏡筒ももれなく付いてくるかもしれません。


> starwars さん
消費者には関係のない話ですが、メーカーにはメーカーの事情があるのだと思います。
EOS-M3以降を待ちましょう。

by えがみ (2013-12-30 21:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

関連リンク