So-net無料ブログ作成
検索選択

Canon 湾曲した絞りの特許 [機械設計・メカニズム機構]

キヤノンがレンズの曲率に合わせて湾曲させた絞りの特許を出願中です。 これによりレンズを沈胴させた時の小型化が可能になります。

Canon Curved Iris

湾曲した絞り

特許文献の説明・自己解釈

  • 特許公開番号 2014-13363、2014-13365
    • 公開日 2014.1.23
    • 出願日 2012.6.6
  • キヤノンの特許
    • ドーム型の絞り
Canon Curved Iris

贔屓するわけはありませんが、キヤノンの記事が続いてしまいました。

調理でよく使われる、折り畳み式のスチームバスケットを彷彿とさせますね。

この特許申請の効果は、絞りの前後に位置するレンズ面の形状に依存しますが、うまく使えば光軸方向の長さを短縮することが出来ます。 短縮の効果は数mmに達するかどうかだと思いますが、こうした小さな改善の積み重ねが大事です。


タグ:Canon IRIS Curved
nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 22

コメント 2

hi-low

この湾曲絞りを使えば、これまで挿入できなかった場所に絞りを配置できますので、リーフシャッター内蔵レンズが作りやすくなります。

センサーの多画素化で、ライカ判DSLRでもミラーだけでなくフォーカルプレーンシャッターのショックが無視出来なくなって来ました。ミラーの有無を問わず、中判のように、ライカ判にもリーフシャッター内蔵レンズが必要になってくるでしょうね。
by hi-low (2014-01-27 12:04) 

えがみ

RX1やDP、GRといったレンズ一体式カメラが評価される理由は、リーフシャタということもあるんですよね。

レンズ交換式においてリーフシャタを採用すると、一斉モデルチェンジと思われ、既存のレンズが売れなくなってしまいますから、電子シャッタが最大公約数的な解答だと思っていました。
ところでGM1はバネではなくモータでフォーカルプレーンシャッタを駆動するので、振動も小さいようです。
GM1にはホットシューが無いので、内蔵ストロボをトリガにして外部ストロボを発光させる等、割と面倒なので、GM1のシャッタユニットを採用したGH/GXシリーズが欲しいですね。

by えがみ (2014-01-28 23:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

関連リンク