So-net無料ブログ作成
検索選択

Canon 24-70mm F2.8 IS(2014-52413)の特許 [光学技術・レンズ設計]

キヤノン24-70mm F2.8特許を出願中です。 手振れ補正に対応する大口径標準ズームレンズです。

Canon EF24-70mm F2.8L IS USM

embodiment1: 24-70mm f/2.8 IS

特許文献の説明・自己解釈

  • 特許公開番号 2014-52413、2014-52445
    • 公開日 2014.3.20
    • 出願日 2012.9.5
  • 実施例1
    • ズーム比 2.75
    • 焦点距離 f=24.7-35.21-68mm
    • Fno. 2.9
    • 半画角 ω=41.21-31.57-17.65°
    • 像高 21.64mm
    • レンズ全長 223.94-207.87-180.56mm
    • BF 38.31mm
    • レンズ構成 13群18枚
    • 非球面 4面4枚
    • UDガラス 2枚
    • 前玉有効径 64.2mm
    • インナーフォーカス
    • 防振(第3レンズ群)
    • 負正負絞正負正の6群ズーム

24-70mm F2.8 ISの実現

実現にあたりキヤノンはありとあらゆる構成を検討しているようですね。 前回出願された24-70mm F2.8 ISEF24-70mm F2.8L II USMは広角側で全長が短く、望遠側で全長が伸びますが、今回は望遠側の全長が一番短いタイプのようです。

前玉有効径が64.2mmで、レンズ構成が13群18枚と大きな光学系です。 4枚の片面非球面と2枚のUDガラスを使いながらも、手振れ補正を搭載しない現行品と同等のサイズは無理なようですね。

performance
Wide Tele
Canon EF24-70mm F2.8L IS USM Canon EF24-70mm F2.8L IS USM Canon EF24-70mm F2.8L IS USM

左から順に球面収差、非点収差、歪曲。

少し前のニュース。リクエストにお答えして。

AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR

おそらくOEMでしょうね。

最適化を追求したところ偶然にも同じ光学系になってしまった可能性も否定出来なくはないのですが、その可能性は限りなく低いです。 一般的な光学系の特許申請には、レンズ構成が僅かに異なる実施例が幾つか掲載されています。 設計者が同じであっても、最適化する部分を少し変えるだけで別の光学系になってしまうのです。 設計者が違えば、同じコンセプトであろうと別物になるでしょう。 同時期に同じコンセプトを持って設計された具体例は、最近ではシグマツァイス50(55)mm F1.4、少し前には各社の50/1.835/1.8を挙げられます。 レンズ構成は多少似た部分もあるかと思いますが全く別物ですよね。


タグ:Canon F2.8 24-70mm
nice!(27)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 27

コメント 5

starwars

24-70mm f2.8にIS搭載は無理と言われていましたが
開発が進んでいるんですね。楽しみです。
by starwars (2014-04-17 21:29) 

hi-low

被写界深度を浅くする必要が無ければ、設計の新しいSigma 24-105mm F4.0 DG OS HSMが安価で性能も良いので、新型24-70mm F2.8はISの採用だけでなく性能の向上も必須ですね。

Sigmaは高性能レンズメーカーのイメージを確立しつつありますが、Tamronも高倍率ズーム設計・製造メーカーとしての地位の確立しましたね。
by hi-low (2014-04-18 23:20) 

えがみ

> starwars さん
少なくともタムロンは実現出来ていますからね。
キヤノンはLレンズのクォリティでそれを実現しなくてはなりませんが、大きさと性能はトレードオフの関係にあるので、バランスが大事です。


> hi-low さん
シグマの24-105mmはArtラインを名乗るだけあって、中心は凄い性能ですね。
高倍率ズームではタムロンは2週も3週も先回りしていて、タムロンの右に出るものはいないです。
性能のシグマ、利便性のタムロン、懐古主義のコシナという各社の特色なので、純正レンズメーカーやトキナーも頑張ってほしいですね。

by えがみ (2014-04-19 08:05) 

AAA

特許ばかりで肝心な製品が出てこないでは意味がない
by AAA (2014-04-20 11:26) 

えがみ

> AAA さん
24-70mm F2.8 L II USMの時も数年の歳月をかけたようですから、気長に待ちましょうよ。
急いで開発した挙句、完成度の低い製品になってしまっても困ります。

by えがみ (2014-04-26 02:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

関連リンク