So-net無料ブログ作成
検索選択

Nikon 10-145mm F4-5.6(1")の特許 [光学技術・レンズ設計]

ニコン10-145mm F4-5.6特許を出願中です。 1"の撮像素子に対応する高倍率ズームです。

Nikon 1Nikkor 10-145mm F4-5.6 VR ED

embodiment2: 10-145mm f/4-5.6 (1")

特許文献の説明・自己解釈

  • 特許公開番号 2014-89283 ~ 2014-89293
    • 公開日 2014.5.15
    • 出願日 2012.10.30
  • 実施例2
    • 変倍比 14.13
    • 焦点距離 f=10.30-145.50mm
    • Fno. 4.08-5.71
    • 半画角 ω=39.62-3.01°
    • 像高 Y=8.00mm
    • 全長 112.60-162.60mm
    • レンズ構成 11群19枚
    • 非球面 3面3枚
    • EDガラス 2枚
    • 正負正正正の5群ズーム
    • インナーフォーカス (第2群~第5群の一部)
    • 防振可能 (第3群か第4群か第5群の一部)

ニコンの特許

ニコンAF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VRを先日発表しました。 ということは、ニコン1に同等の画角を持つレンズが登場しても不思議ではありません。 実施例の光学系は、一眼レフの高倍率ズームレンズをそのままスケールダウンしたような設計なので、光学メーカーがミラーレスで1"や1/1.7"といった撮像素子を採用したのも頷けますね。

実施例2はレンズ構成が11群19枚、片面非球面が3枚、EDガラスが2枚となっています。 フォーカス群や防振群は、どれか一部と記載があるだけで具体的には決まっていないようなので、開発は始まったばかりなのでしょう。

performance
Wide Inf Tele Inf
Nikon 1Nikkor 10-145mm F4-5.6 VR ED Nikon 1Nikkor 10-145mm F4-5.6 VR ED

左から順に球面収差、非点収差、歪曲、コマ収差。下は倍率色収差。


nice!(27)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 27

コメント 5

hi-low

ダブルズームキットの範囲を1本でカバーできますね。
既存の二つの1 Nikkor 10-100mmの光学系を基にしているように見えることと、性能を追求するものでもないので、製品化は速いのではないでしょうか。
by hi-low (2014-05-30 09:00) 

starwars

1インチセンサーのいいレンズが登場するのは
いいのですが、1 Nikkorは値段が高いですよね。
by starwars (2014-05-31 07:56) 

えがみ

> hi-low さん
29日に公開された特開2014-98794を見て、先日公開されていた方を記事にしたのですが、特開2014-98794の方は防振群もフォーカス群も検討済みでした。


> starwars さん
画素ピッチが狭い分、精度を要求されるということもあるかもしれません。
フルサイズが急にお買い得に思えてきました。

by えがみ (2014-06-01 21:40) 

akabe

FX レンズの設計を流用できるのが Nikon 1 マウント設計要件の一つだと思いますが、NX ミニのような発想がなかったのはとても残念に思いますね。
by akabe (2014-06-02 02:01) 

えがみ

> akabe さん
逆にニコン1で好評だったレンズを、DX/FXに持ってくるのも良いかと思います。
特にインナーフォーカスや電動ズームレンズですね。

by えがみ (2014-06-02 21:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

関連リンク