So-net無料ブログ作成
検索選択

Canon 像面位相差AFを一眼レフの連写で使う特許 [画像処理・ソフトウェア技術]

キヤノンが一眼レフの連写において、1回目に位相差AF、2回目以降で像面位相差AFを使い、高速化と高精度化を図る特許を出願中です。

Canon 像面位相差AF

特許文献の説明・自己解釈

  • 特許公開番号 2014-142372
    • 公開日 2014.8.7
    • 出願日 2012.1.22
  • キヤノンの特許
    • 1回目に位相差AFを使う
      • OVFを使える
    • 2回目以降で像面位相差AFを使う
      • ミラーアップ、ミラーダウンの安定状態を待つ必要がない

位相差AFのみを使った場合

位相差AFを使うメリットは、光学ファインダ(OVF)を使えることです。 静物の撮影やスナップでは電子ファインダ(EVF)で問題ないと思いますが、 動体の撮影ではEVFの像表示の一瞬の遅延が命取りになりますね。

デメリットは、ミラーが安定した状態でAFを行わなければならないので、安定状態を待つ必要があり、連写中は遅延が生じてしまうことです。 安定状態を待たないでAFを行えば、精度が悪化するのですね。 因みにキヤノンハイエンド一眼レフでミラーユニットにバランサーを設けて、安定化を図っているようです。

像面位相差AFのみを使った場合

像面位相差AFを使うメリットは、撮像素子の駆動状態でも位相差検出方式のAFを行えることで、現時点では発展途上とはいえライブビューでも高速なAFを実現出来る見込みがあることです。 今回の特許申請では、ライブビューではなく、ファインダ撮影のミラーアップ状態でAFを行うようです。

キヤノンの特許

キヤノンの特許申請は、連写の1回目で位相差AFを使い、ミラーがバタバタ動く連写中で像面位相差AFを使い、ミラーダウンの安定状態待ちを必要とせず、高速化と高精度化を実現することのようです。 像面位相差AFが実用化されても、キヤノンはやはり一眼レフに拘るのかもしれませんね。


タグ:Canon AF Finder
nice!(20)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 20

コメント 8

kiyo

えがみさん、
これは、コロンブスの卵的ですが、
流石は、一眼レフの雄ならではの素晴らしいアイデアですね。
ミラー有りの一眼レフのメリットとしての初回撮影時のOVF+位相差AF、
そして、連写時に苦労する一眼レフのデメリットを補う形で、
追随しての連写時のAFをミラーアップしたままで、像面位相差AFで行うと言うのは、
画期的な方法だと思います。
デメリットは、ミラーダウンしないとすれば、連写中にOVFで見られる利点をなくす点でしょうか。
この点も、選択式にして、通常のミラーアップ・ダウンを行う位相差AFのみの方式と、
連写中のOVFは見られないけれど、ミラーアップしたままで像面位相差AFでの高速連写を行う方式。
さらに進歩して、連写中は、OVFとのハイブリッドファインダーであるとして、EVFで表示すると良い気がします。
あるいは、将来のEVF式一眼レフ、あるいは、フルサイズミラーレスを想定しての魁でしょうか。

by kiyo (2014-08-12 10:40) 

hi-low

> kiyo さん

この申請は、連写中もレフレックスミラーはパタパタし続け、振動や温度などで位相差検出ユニットの信頼性が下がった場合に、撮像面位相差検出素子に切り替えるものです。
多分、仰る通り高速連写では、最初の測距を位相差検出ユニットで行い、以後の測距は撮像面位相差検出素子になるでしょうね。物理シャッターを使う場合は、チャージ時間が連写のボトルネックになりそうです。
by hi-low (2014-08-12 13:07) 

starwars2015

CanonはこれをAPS-Cに載せるのか、フルサイズに載せるのか
興味ありますね。
APS-Cが連写で性能の伸ばすのも面白いし、フルサイズでも
連写が高速化したら、撮影の幅が広がります。
by starwars2015 (2014-08-12 18:19) 

akabe

EVFがないからパタパタするしかありませんね。EVFの遅延問題は8Kまで必ず解決できますので一時的な措置だと思います。
by akabe (2014-08-13 02:12) 

えがみ

> kiyo さん
説明下手ですみません。
hi-lowさんがご指摘しておられる通り連写中もOVFを使えます。
しかしkiyoさんの「最初は位相差AFで、連写中はミラーアップしたまま像面位相差AFを使う」方法も特許になるかもしれません。

やはり消費者が抱く印象というものも大事で、EOSマウントのままミラーレス化すると無駄に長いフランジバックになるので、そう思わせない何かが欲しいのかもしれません。

by えがみ (2014-08-13 20:41) 

えがみ

> hi-low さん
ご指摘有り難うございます。

パナソニックに、電子シャッタを使った高速連写という機能があったかと思いますが、性能に制約のあるメカ部品は排除されていくのかもしれません。

by えがみ (2014-08-13 20:41) 

えがみ

> starwars2015 さん
この特許を使うメリットが大きいのは、振動の大きいフルサイズですね。
EOS70Dの像面位相差AFはかなり実用的なので、次の中上級機は、これをOVFでも本格的に使うのではと思います。

by えがみ (2014-08-13 20:42) 

えがみ

> akabe さん
仰る通り過渡期に必要なアイデアだと思います。

EVF遅延解決まで新商品を出さないわけにはいかないので、様々な工夫が出てくるのではと思っています。

by えがみ (2014-08-13 20:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

関連リンク